• GOSSIP

アン・ハサウェイ「キャットウーマンが恋しくて泣けてくる」

2012年12月09日 12:04

話をするだけで泣けてくるの | 写真:SPLASH/アフロ

アン・ハサウェイは、『ダークナイト ライジング』(12)で演じたキャットウーマンの役が恋しくて仕方がないのだそうで、話をするだけで泣けてくるという。同作のクリストファー・ノーラン監督はシリーズから降板してしまったし、キャットウーマンを主役にしたスピンオフ作品のオファーでも来ないかと待っているらしいが、まだ何の話もないらしい。

「(スピンオフを)やりたいわ。実際、本当に恥ずかしいんだけど、先日、『ダークナイト ライジング』の上映会で質疑応答を受けていたの。そして、『キャットウーマンのキャラクターに別れを告げるのはどんな気分でしたか?』と聞かれて、いきなり号泣してしまったの。彼女が恋しくなっちゃって。ほら、また泣けてきちゃったわ。これについてはもう話せないわ。泣いてしまうから。セリーナ(キャットウーマンのキャラクターの名前)があまりにも好きで、私の生活に彼女がいる状態や、彼女と親しくなれるのが大好きなの。あ、また泣いてしまう!」とアクセス・ハリウッドのインタビューで語っている。

しばらく沈黙し、体勢を立て直したアンは、「世界にこの涙を拭くのに十分なティッシュがあれば、スピンオフ作品をやりたいと思うわ」と結んでいる。【UK在住/ブレイディみかこ】

関連映画ニュース

写真:SPLASH/アフロ| [c]2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES FUNDING, LLC| [c]2012 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.| [c]GLOBE PHOTOS/AFLO