• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 橋本愛、前田敦子などが初登場!邦画大手のカレンダーで2012年の顔を振り返ってみた
  • NEWS

橋本愛、前田敦子などが初登場!邦画大手のカレンダーで2012年の顔を振り返ってみた

2012年12月16日 13:03

東宝カレンダーの表紙は9年連続で長澤まさみ。今年はどんなニューフェイスが?
東宝カレンダーの表紙は9年連続で長澤まさみ。今年はどんなニューフェイスが?[c]2012 Toho Co.,Ltd

邦画大手の東宝、東映、松竹が毎年、この時期に販売しているカレンダー。スターカレンダーの名にふさわしく、各社の顔とも言えるスターが各月を彩った豪華な仕様だ。各会社の伝統やイメージが反映された内容であると同時に、毎年、新しい顔としてフレッシュな若手女優たちが選出されているのも魅力の一つだろう。この若手枠に注目して、各社の2013年版を見てみよう。

まず、2005年から9年連続で長澤まさみが表紙を飾る東宝のカレンダー。2013年版で初登場となるのは戸田恵梨香と昆夏美だ。テレビドラマシリーズ「SPEC」で主演を務め、高い人気を獲得した戸田は、意外にも今回初登場となる。大ヒットを記録し、製作が決定している『劇場版 SPEC 天』の続編だけでなく、2013年はNHKのドラマでも主演が決まっている。もう一人のニューフェイスである昆は、2011年にミュージカル「ロミオ&ジュリエット」でプロデビュー。ミュージカル界のシンデレラガールとも評されており、今後の活躍が期待される21歳だ。今年は自身初となるテレビドラマへの出演も果たし、着実に舞台以外の仕事も増えてきている。

続いては、昨年に続き、艶やかな和服の女優が並んだ松竹。橋本愛、成海璃子、真野恵里菜ら若手が顔をそろえる。2012年だけで7本もの映画に出演した橋本愛は、『アナザー Another』や『桐島、部活やめるってよ』などの話題作で存在感を発揮し、最も勢いのある若手女優といっても過言ではない。さらに、大河ドラマへの出演や番組でショートフィルムの製作に挑戦するなど、新しい一面を見せた成海璃子も初登場。今年の松竹作品では『LOVE まさお君が行く!』に出演しており、清楚な女性からエキセントリックな役までこなす彼女が、来年どんな演技を見せてくれるのか期待が高まる。また、「仮面ライダーなでしこ」役としても認知を広めた真野恵里菜は2012年、松竹の『わが母の記』に出演。2013年2月でハロー!プロジェクトを卒業するので、今後は舞台や映画に本格的にフィールドを移していくことになるだろう。

前述の2社と異なり、男性も登場するのが東映だ。初登場となるのは福士蒼汰、鈴木勝大、前田敦子の3人。仮面ライダーフォーゼ役のみならず、11月に公開された『僕が処刑される未来』でも主役を務めた福士は、バラエティ番組への出演や写真集発売など、飛躍の一年となった。スーパー戦隊シリーズ「特命戦隊ゴーバスターズ」のレッドバスター役でドラマ初主演となった鈴木も、2012年からスターカレンダーの仲間入り。そして、台風の目となった前田敦子も東映カレンダー初登場。AKB48卒業時に予定されていたパレードも「人が集まりすぎるから中止」となった前田だが、女優としては『苦役列車』に出演し、体当たりな演技を披露。2013年秋公開予定のトニー・レオン主演作などへの出演も決定しており、今後の活動にも注目が集まる。かねてからAKB卒業後は女優になることが目標と言っていた前田だが、本当にエンジンがかかるのは2013年からか?

映画やテレビで活躍する、あるいはこれからの活躍が期待される俳優たちが集合している各社カレンダー。2013年のカレンダー選びに困っている方は、お祭りムードにふさわしいこの豪華カレンダーを候補に入れてみてはいかがだろうか。【トライワークス】

関連映画ニュース