• GOSSIP

賞レースのシーズン到来!第85回アカデミー賞有力候補は?

2012年11月04日 9:00

作品賞の最有力候補に挙がっている『アルゴ』 | [c]2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

今年も残すところ、2ヶ月となり、賞レースのシーズンが到来した。9月頃から早くも第85回アカデミー賞の有力候補作(者)が話題になり始めているが、この度、GoldDerby.comが最有力候補について予測を発表した。

まず、作品賞の最有力候補となっているのはベン・アフレックが監督・主演を務めた『アルゴ』(公開中)と、名作の映画化でラッセル・クロウ、ヒュー・ジャックマン、アン・ハサウェイなどの豪華キャストが勢ぞろいするミュージカル映画『レ・ミゼラブル』(全米12月25日、日本12月21日公開)。ジェニファー・ロペスとの破局をきっかけに、役者としてはすっかり影をひそめてしまったベンだが、その後は監督としての力量を発揮。クリストファー・ノーラン監督からもお墨付きを得るほどの才能で、今作で遂に日の目を浴びるのではないかと専らの評判だ。他には『Silver Linings Playbook』(全米11月21日公開)、スティーヴン・スピルバーグ監督作『リンカーン』(全米11月16日、日本2013年4月19日公開)、そして『ハートロッカー』(09)で第82回アカデミー監督賞を受賞したキャスリン・ビグロー監督が、オサマ・ビンラディン一掃プロジェクトの裏を描いた『ゼロ・ダーク・サーティ』(全米12月15日、日本2013年2月15日公開)などが挙がっている。

続いて、主演男優賞及び女優賞は、既に2度のアカデミー賞受賞暦を持つ『リンカーン』のダニエル・デイ・ルイス、『Silver Linings Playbook』のジェニファー・ローレンスが最有力候補だ。他の主演男優賞候補には『ザ・マスター』(全米公開中、日本2013年3月公開)のホアキン・フェニックス、『The Sessions』(全米公開中)のジョン・ホークス、主演女優賞には『Rust&Bone』のマリオン・コティヤール、『Beasts of the Southern Wild』(12)のクヴェインゼイン・ワリスの名が挙がっている。また、助演男優賞及び女優賞には、『ザ・マスター』のフィリップ・シーモア・ホフマン、『レ・ミゼラブル』のアン・ハサウェイがダントツの強さを見せているという。

オスカー俳優が候補として勢ぞろいするなか、今後もアカデミー賞に照準を当てた作品が続々と公開されるため、この先、どのような変化が見られるのか楽しみでならない。【NY在住/JUNKO】

関連映画ニュース

[c]2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.| [c]2012 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.| 写真:SPLASH/アフロ| Jonathan Olley[c]2012 CTMG. All rights reserved| [C]Why Not Productions - Page 114 - France 2 Cinéma - Les Films du Fleuve – Lunanime| [c]JUNKO| 写真:ロイター/アフロ