• GOSSIP

アシュトン・カッチャーとデミ・ムーアの離婚劇が泥沼化!

2012年10月23日 11:22

財産分与をめぐって離婚は泥沼化
財産分与をめぐって離婚は泥沼化写真:SPLASH/アフロ

2011年11月に、6年間の結婚生活にピリオドを打つと発表したアシュトン・カッチャーとデミ・ムーアだが、未だに正式離婚に至っていないのが現状だ。その影には、デミが精神的ショックから体調を崩していたことや、アシュトンの新恋人ミラ・クニスの存在が挙げられていたが、本当の理由はもっと現実的なところにあったようで、事態は泥沼化の様相を呈している。

「彼らは水面下で離婚協議を進めてきましたが、金銭面での折り合いがついていません。アシュトンは、離婚前の数年間にかなりの額を稼いでいますが、示談金としてそれらを財産分与の中に含めることを渋っています」と、関係者がニューヨーク・ポスト紙に語っている。

米テレビ「ハーパー★ボーイズ」1エピソードのギャラが約5600万円と言われるアシュトンは、今年テレビ界で最も稼ぐ男に選ばれており、2011年5月からの1年間で約19億円も稼いでいる。結婚当初は、デミの名声と財力に頼っていたアシュトンも、デミにほとんど稼ぎがない今となっては総資産額でもほぼ同等で、アシュトンの総資産は約110億円、デミの総資産額は約119億円となっている。

「しかし。アシュトンはケチなので、デミにお金を渡したくないのです。協議は失敗に終わり、裁判にならざるを得ないでしょう」と、別の関係者は語っている。

WENN.COMによれば、「アシュトンの浮気に苦しんで破局を向かえることになったデミは、頻繁にアシュトンとミラの交際報道が流れていることを快く思っていません。最初はショックを受けていただけですが、離婚が成立していないのに、若い女性と幸せな生活を送っている姿を見せつけられることは、辱めを受けているのも同然です。デミの気持ちは、怒りへと変化しています。デミは、今後の稼ぎが見込めないことを考えても、受け取る権利のある財産は意地でも受け取る徹底抗戦の構えを見せている」そうで、泥沼バトルは避けられそうにない。【NY在住/JUNKO】

関連映画ニュース