• NEWS

メイドになりたい!?こじはるが『バカレア』舞台挨拶で告白

2012年10月20日 17:27

『私立バカレア高校 劇場版』の観客動員数が10万人突破!

10月13日より公開されている『私立バカレア高校 劇場版』は、10月20日(土)で観客動員数10万人を突破。それを記念し、大ヒット御礼舞台挨拶が新宿バルト9で開催された。ステージでは生徒会長役の島崎遥香がヒットについて感謝の言葉を述べると共に、小嶋陽菜が“着てみたいコスプレ”について語り、会場を沸かせた。

本作はジャニーズJr.とAKB48の豪華初共演が話題を呼んだ学園ドラマ「私立バカレア高校」の劇場版。AKB48のメンバーは“第一カトレア学院のお嬢様”という役どころを演じ、生徒間の内部抗争や下克上など、衝撃のバトルを繰り広げていく。

舞台挨拶では島崎遥香、大場美奈、永尾まりや、小林茉里奈、島田晴香、中村麻里子、加藤玲奈、竹内美宥、川栄李奈、高橋朱里、市川美織、小嶋陽菜が登壇。今回は、この作品の見どころの一つとなっているコスプレに話が及び、観客から「今後、やってみたいコスプレは何か?」という質問が飛んだ。そこで小嶋は「ピンクのメイドの衣装が可愛かったので、着てみたい!」と発言。本作でカボチャのコスプレをした大場を引き合いに出し、「カボチャ以外が良い。私はカボチャは大丈夫(笑)」と、カボチャの衣装を頑なに拒んで会場から笑いを誘った。

一方、大場は「私はジュリーちゃん(高橋)が着ていたゴスロリのコスプレがやりたかったな。着たことがないので」と回答。ただ、メンバーによると、カボチャのコスプレは大場本人の強い希望で実現したものらしく、島崎は「今回の作品の衣装は、みんなの希望が反映されているんです」と裏話を明かした。

最後に島崎は「私たちにとって、この作品は大切なもの。私にとっては代表作になるものです。これから、もっともっと『私立バカレア高校』を盛り上げていきたい。“2(続編)”も希望しています」と、熱い思いを語り、イベントを締めくくった。【MovieWalker】

関連映画

関連映画ニュース

[c]劇場版「私立バカレア高校」製作委員会| (C)AKS 写真は大島優子Ver.