• TOP
  • ニュース
  • レディー・ガガが『華麗なるギャツビー』で映画のサントラ盤に初挑戦!
  • GOSSIP

レディー・ガガが『華麗なるギャツビー』で映画のサントラ盤に初挑戦!

2012年10月18日 14:30

『華麗なるギャツビー』で映画のサントラに初挑戦!
『華麗なるギャツビー』で映画のサントラに初挑戦!写真:SPLASH/アフロ

レディー・ガガとプリンスが、全米2013年5月10日(金)公開予定のバズ・ラーマン監督作『華麗なるギャツビー』(日本2013年内公開)のサントラ版に参加するようだ。

同作は、F・スコット・フィッツジェラルドの小説「The Great Gatsby」の映画化で、1974年に公開されたロバート・レッドフォード主演の同タイトル作品のリメイク版。レオナルド・ディカプリオ、キャリー・マリガン、トビー・マグワイアら豪華キャストが勢ぞろいする話題作だ。

「同作は当初、2013年のアカデミー賞の有力候補として今年12月公開予定だったが、3D上映が大部分を占めることから、2013年5月公開に後ろ倒しとなった。その分、サントラ版に費やす時間が増えたようだ」。

「同作のキャストメンバーであるアデレイド・クレメンスが、『同作には、新しい音楽が追加されているわ。バズ監督は、数人の大物ミュージシャンからアプローチを受けていているみたいなの。ワーナー・ブラザーズが、レディー・ガガやプリンスのオファーを断るとは思えないわよね。言って良いのかわからないのだけど』と、躊躇しながらも、ガガとプリンスが参加することを明らかにした」ことを、Indiewire.comが独占記事として報じている。

プリンスはこれまでにも、『バットマン』(89)や『ハッピーフィート』の主題歌を手がけているが、ガガが映画のサントラに楽曲を提供するのは初めての試みとなる。また、アデレイドの話によれば、他にも数人の大物ミュージシャンが参加する可能性が高いようで、映画のみならず、サントラ版も大いに期待できそうだ。【NY在住/JUNKO】

関連映画ニュース