• INTERVIEW

『新しい靴を買わなくちゃ』の中山美穂が語る日本とパリでの立ち位置

2012年10月05日 13:18

『新しい靴を買わなくちゃ』で主演を務めた中山美穂

パリの街並みが背景にしっくりと馴染むのは、パリでの生活が長くなったせいだろうか。中山美穂の主演映画『新しい靴を買わなくちゃ』(10月6日公開)を見て、そのフィット感に感心した。『Love Letter』(95)でも組んだ岩井俊二プロデューサーの下、人気脚本家・北川悦吏子が脚本と監督を務めた本作。来日した中山にインタビューし、撮影秘話から日本とパリでの立ち位置まで、話を聞いた。

パリ在住のアオイ(中山美穂)が、壊れた靴をきっかけに、旅行中の青年セン(向井理)と交流を深めていくという3日間の物語。中山にとって、映画の主演作は『サヨナライツカ』(10)以来、2年ぶりとなった。久しぶりのラブストーリー出演については「もうこれが最後かなって思いながらやってました(笑)。でも、本当に楽しめましたよ。文字通り、魔法のような3日間という感じの10日間でした」。

向井とは、初共演となった。「センとセーヌ川で出会うところの撮影日がちょうど初日で、向井さんとは、そのシーンを撮る直前にお会いしました。そこがスタートだったので、私の中では、初めて出会うセンという印象を持ったまま撮影に入れたのが良かったです。すごく役にも合ってると思ったし、一緒にお芝居をしていても、すごくやりやすかったです」。

撮影は、全部長回しで行われたが、だからこそ、アオイとセンの生き生きとした表情がみずみずしく活写されている。「何回か撮ったけど、2台カメラを回していたから、多くても6テークくらいでしたね。ただ、リハーサルをしていないから、毎回同じ演技ってわけにはいかなくて。その辺はすごく大変でした」。

アオイとセンが織りなすやりとりは、北川ワールドならではの胸キュンポイントがたくさんある。たとえば、アオイが棚の上の物を取る時、センに抱っこしてもらって手を伸ばして取るといった何気ないシーンも印象的だ。中山は「あのシーンはちょっとやりすぎかなって一瞬思ったんですが、北川さんの世界ではそういうこともありなんでしょうね。物語を追っていくと、後半辺りになるにつれ、どんどんキュンとなっていきます」。

パリ生活も長くなった中山だが、今やパリは彼女にとってホームグラウンドになったのか?と尋ねると「なってきましたね。まだ、慣れないところもたくさんありますけど、自分の場所をどんどん作り上げているって気はします」と話す。とはいえ、東日本大震災の時には、日本の人々へ向けて「I am with you(とおくはなれてても)」という歌をYouTubeで公開したりもしている。日本への思いについては「それは話すと長いですね」と言いながらも、「私にできることは少ないけど、何かしたい、何かしたいっていつも日本のことを思っている感じです。こういう映画を撮ることもそうですね。また、何でも良いから、記憶に残るものを作っていきたいです」。

気になる今後の仕事についても、“出会い”が大切だという。「自分がやりたいと思えるものに出会いたいです。そして、素晴らしい日本映画がもっともっと作られるようになったら嬉しいです。やっぱり映画って感動するし、これからも必要だと思います」。

『新しい靴を買わなくちゃ』で、アオイが輝いているのは、今を生きる中山美穂の素の存在感が投影されているからだ。ちょっぴり切なくて、でも成熟した大人のラブストーリーは、未来へと踏み出す勇気も与えてくれそうだ。【取材・文/山崎伸子】

関連映画

関連映画ニュース

[c]2012「新しい靴を買わなくちゃ」製作委員会| [c]2012「新しい靴を買わなくちゃ」製作委員会| スタイリスト:十川ヒロコ、ヘアメイク:小松和子