『舟を編む』に池脇千鶴、八千草薫ら追加出演者発表!特報&場面写真も公開 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2012/9/14 12:00

『舟を編む』に池脇千鶴、八千草薫ら追加出演者発表!特報&場面写真も公開

三浦しをんの同名小説を映画化した『舟を編む』(2013年4月13日公開)に、渡辺美佐子、池脇千鶴、鶴見辰吾、伊佐山ひろ子、八千草薫、小林薫、加藤剛が出演することがわかり、特報映像と場面写真が初公開された。

本作は、ある出版社の変わり者が集い、24万語の辞書を編集する人々の物語。幾年にも及ぶ辞書作りの過程を、変人編集部員・馬締光也(松田龍平)の仕事への関わり方、そして馬締と下宿大家の孫娘・林香具矢(宮崎あおい)との、もどかしくも微笑ましい恋を通して描き出す。

渡辺が演じるのは、馬締の下宿先・早雲荘の大家さんで、林の祖母タケを演じる。豪快な性格で、仕事や恋に悩む馬締にアドバイスをくれたり、時に背中を押してくれる存在だ。池脇は、玄武書房社員で馬締が元いた営業部に所属している三好麗美を演じる。彼女はオダギリジョー演じる西岡正志の恋人だ。鶴見は、玄武書房社員で、辞書なんて金にならないと思っている玄武書房の局長・村越を、伊佐山は冷静な意見で編集部を支える女性契約社員で、辞書「大渡海」編纂に縁の下の力持ちとして貢献する佐々木薫を演じる。

加藤が演じるのは、日本語研究、辞書編纂に人生の全てを捧げる老学者・松本。新しい言葉や概念を積極的に掲載する、今を生きる辞書「大渡海」編纂を導く監修者で、若者が使う言葉を採集するため合コンに行ったり、常に新しい言葉やその使用例にアンテナを張り巡らせているという役柄だ。八千草は、松本の妻で、言葉を集め、辞書作りに没頭する松本を長年にわたって傍で支える千恵を、小林はベテラン編集者として馬締ら若い編集部員たちを導く玄武書房社員・荒木公平を演じる。荒木は、定年退職にあたり、自身の後継者として、馬締を辞書編集の道へ引き込む。定年後も大渡海編纂には最後まで携わる。

出版社・玄武書房に勤める馬締(松田)は、名前どおり真面目で不器用。営業部で変人として持て余されていたが、人とは違う視点で言葉をとらえる能力を買われ、辞書編集部に迎えられる。馬締と共に辞書の編纂に従事するのは、定年間近のベテラン編集者・荒木(小林)、日本語研究に人生を捧げる老学者・松本(加藤)、次第に辞書作りに愛着を持ち始めるチャラ男・西岡(オダギリ)、契約社員として編集部を支える佐々木(伊佐山)、女性誌から異動してきた若い女性編集者・みどり(黒木華)。個性派ぞろいの面々の中で、馬締は辞書の世界に没頭する。ある日、馬締の前に運命の女性・香具矢(宮崎)が現れるが、辞書づくり以外の能力はおしなべて低い馬締には、香具矢に自分の気持ちを伝える言葉が見つからなかった。

特報映像は9月15日(土)より全国の『舟を編む』上映劇場などで上映される。【Movie Walker】


関連作品

  • 舟を編む

    3.8
    2
    本屋大賞を受賞した三浦しをんの同名小説を松田龍平、宮崎あおいで映画化