• GOSSIP

ブルース・ウィリスがアップル社を提訴?

2012年9月04日 12:07

アップル社を提訴? | [c]GLOBE PHOTOS/AFLO

ブルース・ウィリスが、アップル社を提訴することを検討中だと英紙デイリー・メイルが伝えている。

同紙によれば、ブルースは自分が集めたアルバムのコレクションを死後に娘たちに譲りたいと思っていたのに、アップルのiTunes Storeから購入した楽曲を他人に譲渡することはできないと知って立腹し、アップルを訴える気になったという。

多くのiTunes Store利用者たちが、アルバムを購入する時に細かい条件などは読んでいないが、そこには、iTunes Storeから購入する楽曲は他人に譲渡してはならないと明記されており、購入者は楽曲を“所有”するのではなく、“借りている”と見なされることになるという。ブルース・ウィリスは、The Acceleratorsというバンドと音楽活動もしているほどの音楽好きで、これまでに数千ドルを使ってiTunes Storeから楽曲をダウンロードしているらしく、自分の死後はそのコレクションを3人の娘たちに合法的に譲りたいと考えているという。

米国では既に5つの州で音楽をダウンロード購入する者たちの権利拡大を求める訴えが起きており、ブルースはそれらの動きを支援することも考えているらしい。

しかし、これは音楽だけの問題ではなく、Kindleなどで電子書籍を購入する場合にも同じ問題があるという。「多くの人々が、何年も前から自分が購入している楽曲や本が、実は自分の所有物ではないと知ったら驚くでしょう。それらの楽曲や本を、自分の愛する人たちに譲りたいというのは当然の欲求です。そのうち法が改正されることになるでしょうが、アップルのような会社は、自分たちの方針を見直し、顧客にとってベストな解決法を見つけるべきです」と弁護士のクリス・ウォルトンはデイリー・メイル紙に語っている。【UK在住/ブレイディみかこ】

関連映画ニュース

[c]GLOBE PHOTOS/AFLO| [c]2013Twentieth Century Fox| [c]2010 Summit Entertainment, LLC. All Right Reserved.