• NEWS

『カラスの親指』プロモーションで村上ショージの全国行脚が決定!

2012年8月16日 15:35

宣伝用ののぼりを渡され、全国行脚することになった村上ショージ

5人のサギ師がどん底人生から抜け出すために、一発逆転のとんでもない作戦を決行する様を描く同名本格ミステリー小説の実写映画版『カラスの親指』(11月23日公開)。本作の完成会見が8月16日(木)、ヒルトン東京で開催され、主演の阿部寛、村上ショージと原作者の道尾秀介が登壇した。

暗い過去を背負いながらも、抜群の行動力で仲間を引っ張るサギ師たちのリーダー、タケを演じる阿部寛は、「この映画は、ちょうど一年前に炎天下で撮影した作品です。とにかく、どんでん返しの連続で、最後まで気の抜けない楽しい内容に仕上がっているので楽しみに待っていてください」と挨拶した。

そんなタケ相棒であり、チーム内のムードメーカーでもあるテツを演じた村上ショージは、「最初、現場で他の俳優さんたちが役に入っていく姿を間近で見て、自分にこんなことができるのか?とすごく不安になったことをよく覚えています。それでも最後までやり遂げることができたのは貴重な体験でしたし、この映画は僕の人生における代表作といって間違いありません」と熱く語ってくれた。

完成した映画を見た原作者の道尾秀介は、「小説だと、自分が書いた、ということもあって客観的に見ることができなかったんですが、映画になったことで『こんな話だったんだ!』と、改めて物語を楽しむことができました。タケたちが住む一軒家も僕が想像していたとおりに再現してもらえて、すごく感動しました」と満足げなコメント。

さらにイベントの後半には、映画のテーマが“だまし合い”であることにちなんだドッキリが仕掛けられ、巨大なポスターパネルが登場。阿部が表紙をめくると、全国行脚のプロモーション活動に村上が一人で出発することを告知するパネルが出現した。いきなりのサプライズに、村上は驚きを隠せず、「こんなの聞いてないよ!」と連呼していたが、阿部からプロモーション用ののぼりを渡されると、「阿部さんは忙しいし、道尾さんに行かせるわけにもいかないし、ここは出演者のなかで一番暇な僕が行くしかないですね」と承諾し、まだ会見の途中にも関わらず、会場を飛び出していくという、ちょっと波乱(!?)の会見となった。【六壁露伴/Movie Walker】

関連映画

関連映画ニュース

[c]道尾秀介・講談社/2012「カラスの親指」フィルムパートナーズ| [C]2012「テルマエ・ロマエ」製作委員会| [c]「カラスの親指」フィルムパートナーズ