• NEWS

絶世の美女と貞淑な妻の間で揺れる男の愛の行方は?

2012年8月6日 12:55

全ての男を魅了する妖魔が本気で愛したのは妻のいる男だった
全ての男を魅了する妖魔が本気で愛したのは妻のいる男だった[c]EASTERN MORDOR FILM COMPANY LIMITED.ALL RIGHTS RESERVED.

中国ではるか昔より語り継がれている物語を、アジアのスター総出演で映画化し、中国で大ヒットを記録した『画皮 あやかしの恋』が、8月4日に公開を迎えた。人間を愛してしまった妖魔と、妖魔に魅入られていく夫の身を案じる妻、そして美しいふたりの女性の間で揺れ動く男の哀しい愛の物語が、美しい映像と大迫力のアクションと共に描かれる。

何といっても注目は、どんな男をも虜にする絶世の美女の姿をした妖魔を演じるジョウ・シュンだ。はかなげな雰囲気と凛とした顔立ち、すらりと伸びた肢体から薫る不思議な色気は、全ての男を虜にする妖魔そのものと言っても過言ではない。盗賊に捕えられていたところを助けてくれた男を本気で愛し、彼の愛を得るために様々な妖術を使って誘惑する姿は、見ているこちらも惑わされそうなぐらいだ。

そして、妖魔に魅入られていく男の妻を演じているヴィッキー・チャオは、揺るぎない誠実さと献身で妖魔に立ち向かっていく、芯の強い女性を熱演。彼女の深い愛情と、強い意志を感じさせる瞳は、すがすがしさを感じさせる美しさだ。

そんなふたりの愛を一身に受ける羨ましい男を演じるのは中国のトップスター、チェン・クン。甘いマスクとたくましい肉体美で、女性ファンのハートを鷲づかみにする。

本作は2009年に開催された第1回沖縄国際映画祭の特別招待作品として上映されて以来、日本での劇場公開が長らく待たれた作品だ。中国の美人女優による、美しくセクシーなラブシーンはもちろん、大スターのドニー・イェンのキレキレアクションなど、見どころ満載のエンタテインメント作品に仕上がっている。是非とも劇場で堪能してもらいたい。【トライワークス】

関連映画

関連映画ニュース