• TOP
  • 映画ニュース
  • 日本2013年公開予定『The Wolverine』に真田広之など日本人がキャスティング!
  • NEWS

日本2013年公開予定『The Wolverine』に真田広之など日本人がキャスティング!

2012年7月10日 20:10

ローガン、ウルヴァリンを演じるのはもちろんヒュー・ジャックマン
ローガン、ウルヴァリンを演じるのはもちろんヒュー・ジャックマン[c]GLOBE PHOTOS/AFLO

2013年7月26日(金)公開予定『The Wolverine』(原題)の製作サイドが、主演ヒュー・ジャックマンの共演が決まり始めていると伝えている。配給元である20世紀FOXは、日本が舞台となる本作のストーリーで、重要な幾つかのキャラクターに、実際の日本人俳優らをキャスティングしている。スタジオはキャラクターとプロットについて現状詳細を明かしてはいないが、以下のキャストたちの出演を認めており、近いうちに他のキャストについても明かすようだ。

真田広之が“シンゲン”を、ベテラン俳優のハル・ヤマノウチは“ヤシダ”を演じる。また、モデル出身の岡本多緒“マリコ”を、と福島リラが“ユキオ”をそれぞれ演じる。20世紀FOXは、本作を原作に忠実に映画化するために日本人をキャスティングしており、アメリカのファンにも好意的に受け入れられている。

スタジオが発表したストーリーの一部では、本作はクリス・クレアモントとフランク・ミラーによる人気の高いマーベルコミックシリーズからインスパイアされたものであり、ヒュー・ジャックマン演じるローガンは日本の永遠の戦士かつアウトサイダーとして描かれるそうだ。そこでは、ローガンを永遠に変えてしまうような、ある壮大な戦いが起こり、彼がミステリアスな人物と因縁の対決をするという。まさに“サムライの刀”VS“ウルヴァリンの爪”の真剣勝負が繰り広げられるという。

撮影はオーストラリアで行われるほか、日本周辺でも予定されている。作品はジェームズ・マンゴールド監督の下、ヒュー・ジャックマン、ジョン・パレルモ、ハッチ・パーカーと共にプロデュースを行う。日本公開も2013年を予定している。【Movie Walker】

関連映画ニュース