• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 内野聖陽と高嶋政伸は“ウッチー”“ノブリン”の仲。お互いを「稀に見る役者バカ」
  • NEWS

内野聖陽と高嶋政伸は“ウッチー”“ノブリン”の仲。お互いを「稀に見る役者バカ」

2012年6月30日 13:15

『臨場 劇場版』の初日舞台挨拶で内野聖陽らが登壇

型破りな検視官の活躍を描く大ヒットドラマの映画化『臨場 劇場版』の初日舞台挨拶が6月30日、丸の内TOEIで開催。内野聖陽、松下由樹、渡辺大、平山浩行、高嶋政伸、橋本一監督が登壇した。主演の内野は「テレビドラマから2クールやり、劇場版を作ることができました。皆さんが愛してくださったからだと、心から感謝しています」と晴れやかな笑顔を見せた。

原作は、横山秀夫の社会派ミステリー。内野が演じるのは、敏腕検視官・倉石義男役だ。「根こそぎ拾ってやる!」というおなじみのセリフがあるが、内野は「やるだけのことはやれたかなと思っています」と手応えを語った。「根こそぎ拾う男のスピリットを自分の中でも、とても大事にしてやったので、役者としての信条にもなった言葉かなと。出会いがここまでの作品を作ってきたなとつくづく思いました」。

松下は「検視官という職業はすごく特殊ですが、(演じた)小坂さんは常に前向きで、一生懸命だから、どんな人にでも共感してもらえると思って演じました」と笑顔でコメント。渡辺は「一ノ瀬も、倉石さんの背中を見て育ちましたが、渡辺大も内野さんの背中を見て、自分の芝居のスキルを身につけていったので、一ノ瀬同様に学べました」と感慨深く挨拶した。

高嶋は、内野と“ノブリン”“ウッチー”と呼び合う仲だと語り、「ウッチーは稀に見る役者バカ。倉石以上でも以下でもない。倉石って名前にしたらどうかと。だから一緒にやるこっちが命懸けです。最初は戦いに行くような感じでした」と激白。すると内野は「ノブリンも(役者バカ)でしょ(笑)。ひどいんです、この人。突然(リハーサルで)やってもいないことを本番でやらかしてびっくりさせるんです」と語ると、高嶋は笑いながら「びっくりさせるの大好きなんです」と、楽しそうに語った。

その後、ゲスト陣は本作への思いを綴った自筆の書を披露することに。松下は「集大成」、渡辺は「感謝」、平山は「劇」、高嶋は「命」、橋本監督は○でもあり、ゼロでもあり、卵でもあるという「○」と綴っていた。最後に内野が、舞台上で「まなざし」と書くと、会場から拍手が。内野は「倉石は無骨なキャラクターだけど、常に根底には温かい眼差しがある奴です。いろんな意味での眼差しを込めて書きました」と、びしっと締めくくった。

連続殺人事件を、被害者、加害者、遺族の心情を丁寧にすくい上げた重厚なドラマ『臨場 劇場版』。豪放で破天荒な倉石が、スクリーンでどう暴れるのか是非注目してもらいたい。【取材・文/山崎伸子】

関連映画

関連映画ニュース

[c]2012「臨場 劇場版」製作委員会| (C)2010横山秀夫/光文社・テレビ朝日・東映