• NEWS

ガッツポーズも披露! 塩谷瞬が最新出演作の舞台挨拶に登壇

2012年6月09日 13:47

日韓共同製作映画の舞台挨拶に駆けつけた塩谷瞬

今から約100年前、日本の統治下にあった朝鮮半島に渡って、森林緑化に尽力した林業技師・浅川巧。そんな彼の激動の生涯を描いた人間ドラマ『道 白磁の人』の初日舞台挨拶が6月9日、新宿バルト9で行われ、吉沢悠、酒井若菜、石垣佑磨、黒川智花、近野成美、田中要次、手塚理美、そして今、何かと話題の塩谷瞬といったキャスト陣、高橋伴明監督が登壇した。

日韓併合から4年後の1914年、“朝鮮半島の山々を再生させる”という決意を胸に、京城(現ソウル)に渡った浅川。偏見を持たず、私利私欲とは無縁に自らの道を歩む彼の姿に、チョンリムをはじめ、地元の人々も次第に心を開いていく。そんなある日、チョンリムが抗日運動の容疑で投獄されたことをきっかけに、彼らの関係に大きな亀裂が生じてしまう。

本作で主人公・浅川巧を演じた吉沢は、「劇中でも描かれていますが、浅川さんが亡くなられた時は大雨だったそうで、葬儀には多くの朝鮮の方が参列されたそうです。そして公開初日である今日も大雨で、こんなに多くの方が見に来てくださっていることに不思議な縁を感じています。本日はお足元の悪いなか、お越しいただきまして本当にありがとうございました」と、公開初日を迎えられた喜びを語った。

続いて高橋監督も「劇中で描かれている時代のように、一昔前までは日本の映画が韓国で公開されることも、日韓のスタッフが共同で映画作りに取り組むことも、とても考えられないことでした。それが今こうして実現可能になったことが本当に嬉しいです」と、思いのうちを明かしてくれた。

一方、塩谷は「この映画に出てくるのは、全員、信念を持って行動している人ばかりで、彼らが森林緑化に懸命に取り組んでくれたからこそ、今の自分たちがあるんだってことを、役を演じるなかで痛感しました。この映画が、ご覧になられた方にとって、生きていく糧になってくれたら幸いです」と、本作に出演できた喜びを熱を込めて語ってくれた。

ちなみに退場間際、塩谷には取材陣から一連の騒動に対する質問が殺到。だが、今回の共演で親交を深め、すっかり意気投合した石垣に肩を抱えられながら、笑顔で手を振る形で会場を後にした。【六壁露伴/Movie Walker】

関連映画

関連映画ニュース

[c]2012「道〜白磁の人〜」フィルムパートナーズ| 撮影/渡邊明音| [c]2012 TCエンタテインメント