• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 『宇宙兄弟』小栗旬の「君が隣にいてくれて良かった」の言葉に岡田将生が感涙
  • NEWS

『宇宙兄弟』小栗旬の「君が隣にいてくれて良かった」の言葉に岡田将生が感涙

2012年5月15日 22:32

『宇宙兄弟』の小栗旬と岡田将生が大ヒット御礼舞台挨拶に登壇

現在公開中の『宇宙兄弟』で、小栗旬、岡田将生、森善隆監督が、5月15日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで大ヒット御礼舞台挨拶を開催。小栗は「お客様に感謝の気持を伝えたい」と、自らがMCも務めた。また、本作を通じて兄弟のような絆を深めた小栗と岡田は、お互いに用意した手紙を読み合った。特に小栗が岡田への思いを綴った手紙はサプライズ演出だったため、岡田は思わず感涙。

小栗はマイクを手に「東宝宣伝部がケチったのか、司会がいないと言われまして」と笑いながらMCとして登場。大ヒット舞台挨拶をやろうとした言い出しっぺの岡田は、「僕とか旬くんが言ったら動いてくれたみたいで、すごく嬉しいです」と挨拶。森監督は「僕、沖縄旅行をキャンセルしました(笑)。でも、俳優からそういうふうに言ってくれたのは嬉しかったです」とコメント。小栗は岡田について「今、『未来日記』を撮ってまして、スケジュールを無理やりこじあけて来てくれました」とちゃかすと、岡田は「楽しそうっすね、司会」と笑顔で語った。

その後、岡田が小栗にあてた手紙を披露することに。照れながら岡田が「やっぱり、これは家に帰って見てください」と言うと、小栗は「駄目だよ。こんなに締まらない舞台挨拶って」と駄目出し。岡田はしぶしぶ手紙を広げ、「僕はこの兄弟ができて本当に幸せでした。本当の兄貴ができた感じでした」といった感謝の言葉を読み上げた。続いて、小栗からも岡田へサプライズの手紙が読まれた。

まずは森監督に「本当に素敵な現場、素敵な映画をありがとうございました」と語った後、弟・岡田への思いを読み上げた。「『あんたには絶対負けないからな』と言ってくれた日から旅が始まりました。それから不思議な感情をふつふつ感じていきました。それは小栗が感じていたのか、ムッタが感じていたのか。愛情やら嫉妬やら悲しさやらで、兄もなかなか大変だなと。完成した作品を見た興奮と感動、プロモーションの日々、君なしではありえなかったし、君が隣にいてくれて良かった。勝手で純粋でメンタルの弱い弟ができて良かった」。岡田はそれを聞いて、思わず感涙状態に。

本作を通して、本当の兄弟のようになった小栗と岡田。『宇宙兄弟』は見終わった後、改めて夢を持つことの大切さはもちろん、兄弟の素晴らしさをかみしめる映画だ。【取材・文/山崎伸子】

関連映画

関連映画ニュース

[c]2012「宇宙兄弟」製作委員会| [C]2012「宇宙兄弟」製作委員会| (c)2012「宇宙兄弟」製作委員会| [c]Sarah Lee / eyevine.