『メン・イン・ブラック3』で来日のウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズが畳の上に降臨! |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2012/5/8 11:43

『メン・イン・ブラック3』で来日のウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズが畳の上に降臨!

スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮の人気SF映画の第3弾『メン・イン・ブラック3』(5月25日公開)で、ウィル・スミス、トミー・リー・ジョーンズ、ジョシュ・ブローリン、バリー・ソネンフェルド監督の4人が来日。ウィルとトミーのツーショットが実現したのは、2002年の『メン・イン・ブラック2』での来日以来、実に10年ぶりとなった。4人は靴を脱いで、畳の上でフォトセッションを行った。

いつもながら笑顔で登場したウィルは、トミーを指して「エージェントKです」とおちゃめに挨拶。4人は、『メン・イン・ブラック3』の掛け軸や生け花を興味深そうに見ながら、畳の上でポージングしてくれた。ちなみに、ウィル・スミスは、アイボリーと水色のキュートな靴下だった。

人類に紛れて地球に生息するエイリアンの行動を監視する政府の極秘組織(MIB)の活躍を描く本シリーズ。黒いスーツにサングラスの敏腕エージェントのJ(ウィル・スミス)と、K(トミー・リー・ジョーンズ)の名コンビもお馴染みだ。ウィルは、本作では主演の他、シリーズで初めてプロデューサーも兼ねて気合十分。トミーもBOSSのCMで今やお茶の間の人気者となった。ジョシュは、若い頃のK役に扮する。

4人は、本日夜に開催されるジャパンプレミアにも出席し、レッドカーペットを歩く予定だ。パート3は、シリーズ初の3D映画なので、乞うご期待!【取材・文/山崎伸子】

関連作品

関連記事