• NEWS

あの人気番組のお姉さんとして知られる笹峯愛が大人の女の艶技を披露

2012年5月13日 19:30

スレンダーな体からのぞく美しいお尻。これも年齢を重ねた女性ならではの色香だ
スレンダーな体からのぞく美しいお尻。これも年齢を重ねた女性ならではの色香だ[c]2012「彼女について知ることのすべて」製作委員会

何不自由ない毎日、やがて同僚と結婚し、平凡な教員として一生を過ごす。そんなごく普通な人生を送るはずが、メイという女との出会いから、全てを狂わせていく男・鵜川。地方都市を舞台に、決して出会うはずのなかった男女の出会いが思いもよらない出来事を引き起こしていく様を描く、『彼女について知ることのすべて』(5月19日公開)は、佐藤正午の同名小説を映画化した、危険な香りのするラブストーリーだ。

男女の業とも言うべき、乾いた愛の姿が、激しい暴力とエロティックな描写で綴られる本作だが、ヒロインのメイを演じる女優によく注目してほしい。どこかで見覚えないだろうか? 彼女はかつて、NHK教育の人気番組でネズミの着ぐるみを着たネコ、ニャンちゅうの相手役のお姉さんを演じ、「王様のブランチ」のレポーター(ブラン娘)としても活躍した笹峯愛なのだ。

アイドル、そして女優として活躍してきた彼女の映画主演作となる本作。そこで、彼女は一糸まとわぬ姿まで披露している。今年で34歳になるが、若い頃には決してできなかった大人の女の色香を存分に発揮し、魔性の女ぶりを見せてくれる。

監督を務める井土紀州は、瀬々敬久監督の作品などで脚本を手がけ、『ラザロ LAZARUS』(07)、『行旅死亡人』(09)など、壮絶なヒロイン像を描くことでも評価の高い人物だ。話題の小説、監督とのコラボで、新たな魅力を発揮した笹峯愛。今後も目が離せない女優になりそうだ。【トライワークス】

関連映画ニュース