• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 渡り廊下走り隊7がしんちゃんを見習って美尻勝負宣言!「“渡り廊下お尻隊”で活動する」
  • NEWS

渡り廊下走り隊7がしんちゃんを見習って美尻勝負宣言!「“渡り廊下お尻隊”で活動する」

2012年4月14日 14:01

『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス』の初日舞台挨拶が開催

国民的人気アニメの劇場シリーズ20作目となる『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス』の初日舞台挨拶が4月14日、TOHOシネマズ日劇2で開催。レギュラー声優の矢島晶子、ならはしみき、藤原啓治、こおろぎさとみがそれぞれのキャラクターと共に登場。さらに、ゲスト声優のココリコ(遠藤章造と田中直樹)、土田晃之、藤井隆、MCの羽鳥慎一、主題歌を担当する渡り廊下走り隊7の多田愛佳、仲川遥香、浦野一美、菊地あやか、小森美果、岩佐美咲も駆けつけ、着ぐるみを含めた総勢20名が登壇するにぎやかな舞台挨拶となった。

宇宙を舞台に、連れ去られた長女のひまわりと、地球の危機を救うべく野原一家が奮闘する壮大なストーリー。同じくデビュー20年目という縁を受けて抜擢されたのが、お笑い芸人のゲスト声優だ。遠藤は「私も20年間、離婚したりと紆余曲折ありました」、田中は「我々4人のうち、ツッチーと僕の“しゃくれ”がふたりいるというアクシデント(笑)。一生懸命やらせていただきました」、土田は「子供が4人いるんですが、ずっとしんちゃんを見させてもらっていて。しんちゃんの出身地である春日部でバイトもしていたので、縁があると思っている」、藤井は「今回は主題歌も担当させてもらって」と会場を沸かすと、「20年、40年、100年と続いてほしい」とそれぞれ20周年を迎えた自分自身を振り返りながら、しんちゃんにエールを送った。

今回、主題歌「少年よ 嘘をつけ!」を担当したのは、AKB48のスピンオフユニット・渡り廊下走り隊7。多田が「私も埼玉出身で、親しみのあるしんちゃんの映画に参加できて嬉しい」と喜びを口にすると、先日暫定メンバーとして加入した浦野一美も「実は私は15周年の時も“クレヨンフレンズfrom AKB48”として参加させてもらった。また20周年も出られて嬉しい!」と感激しきりだった。

さらに渡り廊下走り隊7は、いつもお尻を出してみんなを笑わせるしんちゃんに向かって「私たちもこれからは美尻自慢で活動していこうかな。“渡り廊下お尻隊”として活動していきます!」と突然の“お尻隊”宣言! 満員の会場から喝采を浴びていた。

最後にしんのすけの声を担当する矢島が「テレビ放映当初は視聴率が4%だった。応援してくださる皆さんのおかげで20周年を迎えられた」と充実した表情でコメント。ファンの温かな拍手に包まれて、舞台挨拶を締めくくった。笑いの中に家族愛がぎっしり詰まり、幅広い層から熱い支持を受け続けている映画『クレヨンしんちゃん』。是非、劇場で人気の理由を確かめてほしい!【取材・文/成田おり枝】

関連映画

関連映画ニュース

[c]臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK・2012| [c]臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2013| (C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK| (C)臼井儀人 / 双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK| [c]臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK・2012| [c]臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK