• NEWS

戸田恵梨香のセクシーなドレス姿に加瀬亮が「おお!見違えるよう」

2012年3月21日 18:36

『SPEC 天』の会見に登壇した戸田恵梨香&加瀬亮

堤幸彦監督の連続ドラマを映画化した『SPEC 天』(4月7日公開)の完成披露記者会見が、3月21日に東京国際フォーラムで開催。戸田恵梨香、加瀬亮、伊藤淳史、栗山千明、浅野ゆう子、福田沙紀、神木隆之介、椎名桔平、竜雷太、堤幸彦監督が登壇した。劇中では髪もボサボサで色気ゼロのヒロイン、当麻紗綾役を演じている戸田だが、今日は黒いシックなロングドレスで登場。加瀬は彼女を見て「びっくりしてしまいました。あまりにも見違えるようで」と、少し照れながら語った。

戸田は、「今日は朝から加瀬さんとずっと一緒に取材をさせていただいていましたが、この服になった時、加瀬さんから『おお!』って言われ、自分もおお!って思いました」と笑顔で語った。また、スーツ姿でビシッときめてきた加瀬について、戸田は「いつもは部屋着で来たのかな?っていうくらい緩い衣装で来られるんですが、今日はおお!って思いました」と、お互いにファッションをほめ合った。

IQ201の天才で変人の当麻紗綾(戸田恵梨香)と、警視庁特殊部隊(SIT)出身の熱血漢・瀬文焚流(加瀬亮)が、特殊能力(SPEC)を持った犯罪者に立ち向かう『SPEC』。4月1日(日)にスペシャルドラマ「SPEC 翔」がオンエアされ、その後、映画『SPEC 天』が公開される。戸田は作品をこうアピールした。「点と点をつなげる、また一つの点なんだろうなと。また、新たな謎が生まれ、今までの謎が解決し、また新たな魅力が加わった作品になったんじゃないかと」。加瀬も「ドラマの頃からすごく生意気な作品で、すごく愛着をもってやってきました。みんなでたくさん工夫をして盛りだくさんな映画になっています」と手応えを感じているようだ。

その後、物語の設定にちなんで、各自がほしいSPECについて語り合った。戸田は「台本を1回読んだだけでセリフが覚えられるSPECがほしいです」と言うと、加瀬は「神木くん演じる一(ニノマエ)の時間を止められる能力です」、竜雷太は「動物の言葉がわかる能力」、椎名桔平は自身が演じた何人もの津田役を例にあげて「一人で事務所を作って、所属俳優30人。仕事を掛け持ちできるのが素晴らしい」と語ると、栗山千明は「瞬間移動です」と答えた。また、堤監督は「作品を赤字にしないSPEC」と、大ヒットシリーズを多数抱える売れっ子監督ならではの発言をした。

ギャグを炸裂させながらも、最終的には人と人の絆や、個性の大切さなど、色々なメッセージを内包した「SPEC」シリーズ。映画では、アクションもギャグもキャスト陣も全てパワーアップしているので、お見逃しなく!【取材・文/山崎伸子】

関連映画

関連映画ニュース

[c]2012「SPEC〜天〜」製作委員会| [c]2012「SPEC 天」製作委員会| [c]2012 映画『SPEC 天』製作委員会| (C)TBS