• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 主観映像から脱却!? 『REC』シリーズ最新作は花嫁がチェーンソーでゾンビをぶった切る!
  • NEWS

主観映像から脱却!? 『REC』シリーズ最新作は花嫁がチェーンソーでゾンビをぶった切る!

2012年4月26日 20:58

主観視点で映し出される恐怖の映像が売りのシリーズ最新作が登場 | [c]2011 REC GÉNESIS A.I.E.

人間の最も原始的な感情の一つ“恐怖”を刺激するホラー映画は、アイデア次第で低予算でも途轍もない成果を上げることができるジャンルだ。スペイン発の『REC レック』シリーズもその系統で、流行のドキュメンタリー的な主観映像を駆使して未知の伝染病の脅威を描き、本国では150万人を動員するヒットを記録。ハリウッドでも速攻でリメイクされるなど、世界のホラーファンの熱い注目を集めたのだ。

4月28日(土)にはその第3弾『REC レック3 ジェネシス』がいよいよ公開されるが、今回はシリーズの売りだった「ぐらぐら揺れる主観映像」は控えめに。病原菌に侵された薄暗いアパートからも飛び出し、華やかなはずの結婚式場で発生したゾンビ禍を、昼の光の中でまがまがしく綴ってみせている。

いきなりの方向転換(!?)だが、ゾンビに襲われた花嫁がチェーンソーで反撃するシーンなどは、イメージの落差も手伝って大迫力。そもそも同じネタばかりでは息切れ必至のため、この展開は全4作予定のシリーズに広がりをもたらすという点でも期待できる。もちろん、血みどろの表現もバンバン登場するので、コアなファンも安心して公開を待っていてほしい!【トライワークス】

関連映画

関連映画ニュース