• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 『ゴーストライターホテル』で阿部力が宮沢賢治に扮したケンドーコバヤシを絶賛!?
  • INTERVIEW

『ゴーストライターホテル』で阿部力が宮沢賢治に扮したケンドーコバヤシを絶賛!?

2012年3月14日 13:42

『ゴーストライターホテル』で共演した阿部力とケンドーコバヤシを直撃!

日本を代表する文豪の幽霊がさまようホーンテッド・ホテルを舞台に、珍騒動が繰り広げられるコメディ『ゴーストライターホテル』が3月17日(土)より公開。阿部力演じるうだつの上がらない作家志望の青年に、口うるさい文豪たちがアドバイス! 奇想天外なストーリで楽しませてくれる。何といっても注目なのは、文豪になりきった人気お笑い芸人たちの姿だ。主演の阿部と宮沢賢治に扮したケンドーコバヤシを直撃した。

脚本の印象を聞いてみるとコバヤシは、「おじいちゃんが非オカルト派で、『幽霊なんていない!』という人だったので、亡くなっていて良かったと思いました。よりによって幽霊役なんて、生前やったら、だいぶ怒られたでしょうね。『天国や極楽を望むような生き方をしたくない』という憧れのおじいちゃんでした」と早速、ケンコバ節が炸裂!

こらえきれず吹き出す阿部だが、現場でも芸人たちとのやりとりに笑いをこらえるのが大変だったという。「とにかく現場では自分のポジションを忘れないようにするのに必死でした。芸人の皆さんが面白すぎて、自分が考えていた演技が飛んでしまいそうになってしまうこともあって(笑)」と苦労を明かすと、コバヤシは「阿部くんはね、ゲラなんですよ。関西弁で笑い上戸のことなんですけど。自分でアドリブをぶっこんできて、そのアドリブに笑ってましたから」と暴露。阿部も「一番、駄目なパターンですよね」と照れ笑いだ。

ふたりは今回が初共演。阿部は「ケンコバさんは、会う前は怖い方なのかなって思っていましたが。実際会って、怖かったです。嘘です(笑)!渋いし、言うことに徳があって、面白い。僕も好きなんですが、ケンコバさんもバイクに乗っていて。イメージになかったので意外でした」と語りかけると、コバヤシも「バイクに乗る人って、同じくバイクに乗っている人に会うと、勝手に『コイツ、ええ奴やな』って思うところがあって。阿部くんもバイクの話をした瞬間、ええ奴やなって思いました(笑)」と、すっかり打ち解けた様子のふたり。

世界のナベアツがオモローな夏目漱石を、カンニング竹山がキレやすい江戸川乱歩を演じるなど、それぞれの持ち味を活かしながら、思い思いに文豪を演じる本作。コバヤシは宮沢賢治役に抜擢された。コバヤシが「宮沢賢治の本は、一通り昔に読んでいるんです。まさか自分が演じることになるとは。ラブ&ヘイトの、僕はヘイトの方を担っている男ですし。それに賢治はちょっと陰のあるような男。僕は私生活にもサーチライトを照らすような男ですから。真逆ですよ」と笑うと、阿部は「真逆だから良いんじゃないですか! だからこそ魅力がある。説得力のある宮沢賢治でしたよ」と絶賛。続けて、コバヤシが「でもね、宮沢賢治って、生涯独身で春画を集めるのが趣味だったらしい。僕もこのままいくとそうなっちゃうんで! 意外と被っちゃってる」と、ふたりで爆笑だった。

偉大な文豪たちにヒントをもらい、成長していく主人公。アドバイスをもらってみたい先人は? 阿部は「マイケル・ジャクソンです。キング・オブ・ポップになるには、相当な努力があったと思うんです。やはり運だけでは、あそこまでなれない。僕たちが知らない、その努力の部分を聞いてみたい」。コバヤシは「『三国志』に出てくる呂布に会ってみたい。お互い、一騎当千と呼ばれているものどうし、唯一弱みを見せ合えたら良いと思います」。

そんなケンコバ節に終始、ゲラ状態だった阿部。「気軽に気楽に見てほしい映画。最後には、一つでも自分が前向きに変われるようなポイントもあって、笑いの中にも成長が見える作品ですよ」と語ると、コバヤシも「そうそう、男子は一歩外に出れば7人の敵がいると、うちのおじいちゃんも言っていた。日々闘い、日々成長。その言葉を主人公に当てはめちゃいましたよ。芸人もみんな達者で。つたなかったのは、フルーツポンチの村上くらい!」と作品をアピールして、爆笑対談を締めくくった。

ちなみに、フルーツポンチの村上健志が演じるのは太宰治。絶妙(!?)なキャスティングや芸人たちの繰り出すアドリブも楽しみに、是非劇場へ足を運んでほしい。【取材・文/成田おり枝】

関連映画

関連映画ニュース

[C]テレビ朝日/吉本興業| [c]テレビ朝日/吉本興業