• NEWS

4月公開、香港ノワールの金字塔『 ビースト・ストーカー 』の予告編初公開

2012年3月03日 15:00

これぞ香港映画の底力! | [C]2008 Emperor Classic Films Company Limited All Rights Reserved.

現在、そして未来の香港映画界を背負って立つ、『ツインズ・エフェクト』(04)や『密告・者』(11)の監督ダンテ・ラム、そして『孫文の義士団』『新少林寺』(共に11)で目覚ましい活躍を遂げている俳優のニコラス・ツェーと、『エグザイル 絆』(08)や『コネクテッド』(09)のニック・チョン。彼ら3人がタッグを組んだクライムサスペンス『ビースト・ストーカー 証人』の予告映像が初公開された。

本作は、日本で2011年に公開され、話題を呼んだ香港映画『密告・者』以前に、スタッフ・キャストを同作とそろえて製作されており、2008年に公開された本国では既に高い評価を得ている。熾烈なカーチェイス&クラッシュ、生々しく執拗なヴァイオレンスバトルが展開されるなか、人物それぞれの抱える複雑な心理とせめぎ合いをスリリングに描き出し、香港映画の底力を見せつけている。

今回初公開となった予告編では、追う者(ニコラス)と追われる者(ニック)によるアクションと、緊張感ある駆け引き、怒涛のカーチェイスが繰り広げられている。本作で香港のアカデミー賞に相当する第28回香港電影金像奨、最優秀主演男優賞を受賞したニック・チョンの熱演と、二枚目俳優ニコラス・ツェーの迫真の演技もまさに必見だ。香港ノワールの金字塔と呼び声高い本作に、ますます期待が膨らむ。

刑事トン(ニコラス・ツェー)は、ある事件で幼い少女を死なせてしまい、その責任と事故の記憶に苛まされていた。その事故の3ヶ月後、少女の母親アン(チャン・ジンチュー)のもう一人の娘リンが誘拐されてしまう。犯人は元ボクシング選手のホン(ニック・チョン)という男だった。ホンは自身の視力が低下し、失明の危険もある中、病気の妻の治療費を稼ぐため、犯罪に手を染めていた。トンは何かに取り憑かれたかのように執拗にホンを追いかけるが、やがて警察の捜査に頼らず、単独でリンを救おうと決死の追跡を始める。一方、ホンもトン、そしてアンに復讐しなければならない別の理由に突き動かされていたのだった。

『ビースト・ストーカー 証人』は4月7日(土)よりシネマスクエアとうきゅう他で全国順次公開される。【Movie Walker】

関連映画ニュース