• TOP
  • ニュース
  • 『マーガレット・サッチャー』メリル・ストリープ、第62回ベルリン国際映画祭で名誉金熊賞を授与!
  • NEWS

『マーガレット・サッチャー』メリル・ストリープ、第62回ベルリン国際映画祭で名誉金熊賞を授与!

2012年2月15日 20:28

第62回ベルリン国際映画祭で名誉金熊賞を授与し、トロフィーを手に取るメリル・ストリープ
第62回ベルリン国際映画祭で名誉金熊賞を授与し、トロフィーを手に取るメリル・ストリープAndreas Rentz /Getty Images

イギリス初の女性首相マーガレット・サッチャーの栄光と挫折を描いた『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』(3月16日公開)で主演を務めるメリル・ストリープが、第62回ベルリン国際映画祭で名誉金熊賞を授与した。

同賞授与のきっかけは、本作で「サッチャーにそっくり!」と世界中で噂されるほどの演技力を見せ、メリル・ストリープがドラマティックなものからコメディまで幅広い役を演じられる類まれなる多才な女優であり、映画界への貢献度も非常に高いということを評価されたからだ。

メリルの息子の同級生ジェイク・ギレンホールが、お祝いの挨拶に駆けつけ、「13歳の頃、自宅で遊ぶ仲で、すごく怖いメリル・ママだった」と明かし、会場を沸かせた。それを受け、メリル・ストリープがジェイクと息子とのエピソードを披露し、女優だけでなく母親としての一面ものぞかせた。

さらに、メリルは劇中のサッチャーのように人生を振り返り、「これまでの人生を、これまで自分を支えてくれた人、全てに感謝したい」と語り、本作の監督フィリダ・ロイドや、夫のデニスを演じたジム・ブロードベントにも感謝の言葉を贈った。

メリル・ストリープは3月上旬、3年2ヶ月ぶりの来日を果たす。来日前の現地時間2月26日(日)には主演女優賞にノミネーションされている第84回アカデミー賞の受賞式もあり、大きな注目が集まっている。【Movie Walker】

関連映画

関連映画ニュース