• NEWS

本当はこんなに官能的!? 女性監督が放つエロス満載の大人のための童話が登場

2012年2月16日 21:30

女性どうしの官能的なシーンも満載 | [c]2010 - FLACH FILM PRODUCTION - CB FILMS - Marathon - ARTE France

グリム童話やイソップ童話など、現在、老若男女に読まれている童話には恐ろしい描写が潜んでいる、なんて解説本が流行したこともあった。では、子供には決して目に触れさせたくない性的な部分はどうなのだろう?という疑問が抱いたのかどうかはわからないが、そんな視点で幾つかの童話を再構築したのが2月18日(土)公開の『禁断メルヘン 眠れる森の美女』だ。

本作は「眠れる森の美女」と「雪の女王」という2つの物語をベースにしている。美しい姫へと育ったアナスタシアが、魔女から「16歳で死ぬ」という恐ろしい魔法をかけられてしまう。ところが、3人の妖精たちによって「100年の眠りの後、16歳で目覚める」と魔法が修正され、彼女は100年間、夢の世界を冒険し、そして16歳で目覚めるのだが、というストーリーになっている。

少女だけが想像しうる儚くも幻想的な世界が描かれ、その中に美しく官能的なシーンが盛り込まれる。メガホンを握るのは『ロマンスX』(98)や『処女』(01)など、女性の性を描いてきたフランスの女流監督カトリーヌ・ブレイヤ。もちろん、本作でも彼女ならではの感性で、少女の性を描き出している。純粋さとその裏にある残酷さ、そんな二面性に満ちた物語は、もちろん性的な面もあるが、美しい文学として目に映るはずだ。【トライワークス】

関連映画ニュース

[c]2010 - FLACH FILM PRODUCTION - CB FILMS - Marathon - ARTE France| [c]2011 SUSHI GIRL FILMS| [C]2011 BY MODERN WOMAN LLC ALL RIGHTS RESERVED| [c]2012「彼女について知ることのすべて」製作委員会| [c]「ヴァージン」製作委員会| [c]2011 Screen Australia, Screen NSW, Spectrum Films Pty Limited, Cardy & Company Pty Ltd, Lindesay Island Pty Ltd and Magic Films Pty Ltd.| [C]2011「寄性獣医・鈴音」製作委員会| [c]2011 GPミュージアムソフト/新東宝映画| [c]2011「軽蔑」製作委員会| [c]2010 坂辺周一(芳文社)/「ドメスティック」製作委員会| [c]2010「ミルク」製作委員会| [c]東京スポーツ新聞社/GraveGrinder/ティーエムシー