• TOP
  • 映画ニュース
  • レディー・ガガ、声が出なくなるまで吐いていた摂食障害を激白
  • GOSSIP

レディー・ガガ、声が出なくなるまで吐いていた摂食障害を激白

2012年2月11日 15:35

レディー・ガガ、摂食障害を激白
レディー・ガガ、摂食障害を激白[c]GLOBE PHOTOS/AFLO

レディー・ガガが十代の頃、痩せたいと願うばかりに摂食障害になり、高校で吐いてばかりいたことを告白し、若い女性たちにダイエット戦争の終結を呼びかけている。

マリア・シュライバーが米国の学校で開催した「It’s Our Turn」という女学生向けのカンファレンスに招かれたガガは、「私はいつも高校で吐いていた。小柄で痩せこけたバレリーナのような体型になりたかったのに、曲線的なイタリア人の娘で、家に帰れば、毎晩パパがミートボールを食べていた」と語り、あまり頻繁に吐きすぎて、声に影響が出ていたことを明かし、「声が変になってきたの。だから止めたわ。声帯がおかしくなるのよ。それは本当にひどい状態だわ」と語っている。

さらにガガは、自らを含め、少女たちがメディアで見ているスターたちの姿はリアリティーとは違うと発言し、「体重管理には今でも苦労している。ビデオの中の私や、雑誌に出ている私の写真は、全部加工されているわ。彼らは私たちを完璧にする。あれは現実とは違うの。私が女の子たちに言いたいのは、ダイエット戦争は止めなさいということ。みんなで一緒に止めるのよ。だって、それは、あなたたちの年齢の子供たちに影響を与え、女の子たちを病気にしているからよ」と語っている。【UK在住/ブレイディみかこ】

関連映画ニュース