• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 『荒川アンダー ザ ブリッジ』舞台挨拶で明かされた、山田孝之の意外な宝物とは?
  • NEWS

『荒川アンダー ザ ブリッジ』舞台挨拶で明かされた、山田孝之の意外な宝物とは?

2012年2月04日 14:14

個性派キャラ・星を演じた山田孝之のコメントに会場も大爆笑!

「聖☆おにいさん」の漫画家・中村光による同名コミックを原作に、テレビドラマ版も好評を博した異色作の劇場版『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』。本作の初日舞台挨拶が、2月4日に新宿ピカデリーで開催され、林遣都、桐谷美玲、山田孝之、城田優、片瀬那奈、安倍なつみ、有坂来瞳、駿河太郎、平沼紀久、末岡拓人、益子雷翔、井上和香、上川隆也らキャスト陣と飯塚健監督が登壇した。

本作は、大企業の御曹司として父親の言いなりになって生きてきた青年が、荒川の河川敷で出会った奇妙な住人たちとの交流を経て、人間的に成長していく姿を描いたコメディタッチの感動ドラマだ。劇中で主人公リク(本名:市ノ宮行)を演じた林は、「この映画は、僕の20歳の一年間を丸ごと詰め込んだ、とても思い出深い作品です。本当に面白い人たちとたくさん出会えて、感謝の気持ちでいっぱいです」と、作品に対する熱い思いを語ってくれた。

そんなリクの恋人であり、金星人を自称する謎の美少女ニノを演じた桐谷は、「この作品は、今からちょうど一年くらい前に撮影したんですけど、やっと皆さんにお見せすることができてすごく嬉しいです」と話し、撮影時の思い出について聞かれると、「劇中で、ニノが全力疾走するシーンがあるんですけど、監督がドSなので何回もやり直しをさせられて。体力はあまりない方なので、あの時ばかりはくじけそうになりました」と、意外な裏話を聞かせてくれた。

またイベントの後半には、映画のキャッチフレーズが「宝物はきっと、ここにある」であることにちなみ、それぞれが大切にしている宝物を発表することに。“家族”や“友人”など、模範的な回答が続くなか、山田は白紙のパネルを取り出し、「ここに書かれているものが僕の宝物です。見える人には見えるはずです」と意表を突くコメント。客席から「答えはロックンロールじゃないの?」との声がかかると、「今、答えた人、あなたは嘘つきです。でもロックだぜ!」と、自身の演じた元売れっ子ミュージシャン・星のセリフで返答し、会場を沸かせた。【六壁露伴/Movie Walker】

関連映画

関連映画ニュース

[c]2012 中村光/スクウェアエニックス・AUTBパートナーズ| [c]中村 光・講談社/パンチとロン毛 製作委員会| [c]中村光/スクウェアエニックス・AUTBパートナーズ| ヘアメイク:ISINO(ROOSTER)、スタイリスト:窪田佳代子| [C]2011「ミロクローゼ」製作委員会| [c]2011 Kino Films. All Rights Reserved.