• NEWS

阿部寛、『麒麟の翼』初日に「感無量」。続編『麒麟のくるぶし』に期待!?

2012年1月28日 16:06

『麒麟の翼』初日舞台挨拶で阿部寛や新垣結衣、中井貴一らが登壇

東野圭吾原作、阿部寛の人気ドラマの映画化『麒麟の翼 劇場版・新参者』の初日舞台挨拶が、1月28日に有楽町の日劇2で開催。阿部寛、新垣結衣、中井貴一、溝端淳平、田中麗奈、松坂桃李、三浦貴大、土井裕泰監督が登壇。ドラマに続き、警視庁日本橋署刑事・加賀恭一郎を演じた阿部は「『新参者』から愛していただき、より深い人間ドラマが完成したと思っています。非常に感無量です」と感激しながら語った。

本作でミステリーに初挑戦し、阿部とはドラマ「ドラゴン桜」(05)以来の共演となった新垣。「6年前はこういう形で共演させてもらえるとは思ってなかったし、ずっと見ていた『新参者』シリーズってことで特別なところがありますし、監督も信頼していたし、豪華なキャストの方と並べられるってことで、本当に楽しみにしていました。撮影で得られたものはたくさんあり、今ここにいることが幸せです」と、こちらも感慨深げ。

加賀の相棒・松宮刑事役の溝端は、「阿部さんとコンビを組ませていただいたのは3作目でしたが、この先、俳優という仕事をやらせていただけるとしたら、すごく貴重な時間ですごくありがたかったです」と嬉しそうに語った。加賀をやり込める看護師役の田中は、「加賀さんは、あまり感情が外に出ないし、雰囲気が色っぽく、頭脳明晰で、独特の着眼点でものを見ていく感じに引き込まれました。でも、今回はちょっと叱りつけてやりました」と言うと、土井監督も「加賀を初めてやり込めるという役柄。そういう意味で(田中演じる看護師の)登紀子さんは大事な役だと思っていました」とコメント。

中井貴一と親子役を演じた松坂は、「中井さんは父として現場で存在してくれました。中井さんなしでの悠人は考えられなかった」と先輩に感謝すると、中井も「桃李くんが良い奴だったので、ふたりで鶴を折ったんです」と語った。父・三浦友和がドラマに出演していた三浦は、今回本作に出演することを報告したか?という質問に対して、「映画に出ることもあまり言ってなかったような。わざわざ電話で報告するのもなと」と、マイペースな受け答えをして会場を笑わせた。

土井監督は気になる続編について、「それは『麒麟のくるぶし』とか?」とおどけた後で、「見てくださった方から、また加賀恭一郎をスクリーンで見たいという声が上がっていけばと。でも、新しいシリーズに松宮刑事が出るかどうかはわからないです」と、溝端に振ると、「え?お願いしますよ」と焦りながら答え、会場はまたも笑いに包まれた。

ドラマ同様、加賀たちが関わる事件は、今回も最後まで予断を許さず、最終的に思いもよらなかった真相に行き着く。締めの挨拶では、新垣が家族や大切な友人との絆について、阿部も最近になってようやく話をするようになった父親への思いを切々と語った。確かに見終わった後、親子愛や人と人の絆の尊さを改めて実感する本作は、今見るにふさわしい人間ドラマだ。【取材・文/山崎伸子】

関連映画

関連映画ニュース

[c]2012映画「麒麟の翼」製作委員会| [C]2012「今日、恋をはじめます」製作委員会| [c]2012映画『麒麟の翼』製作委員会| [C]2012映画「麒麟の翼 劇場版・新参者(仮題)」製作委員会| [c]2012映画「麒麟の翼 劇場版・新参者(仮題)」製作委員会