• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 『スター・ウォーズ』に人生を捧げてしまった熱狂的ファンの肉声がここに!話題のドキュメンタリーが日本上陸
  • NEWS

『スター・ウォーズ』に人生を捧げてしまった熱狂的ファンの肉声がここに!話題のドキュメンタリーが日本上陸

2012年3月10日 16:30

イギリス出身のウェブコンサルタント・ポップカルチャー紹介サイト運営者でもあるダニー・チューが渋谷駅前交差点でダンス!
イギリス出身のウェブコンサルタント・ポップカルチャー紹介サイト運営者でもあるダニー・チューが渋谷駅前交差点でダンス!Copyright 2010, Exhibit A Pictures, LLC, All Rights Reserved

1977年に第1作目が公開されてから早34年。宇宙を舞台にした壮大なスケールの物語や個性的なキャラクター、常に最先端を行くSFXなど、従来の映画にはなかった魅力で人々を魅了し続ける『スター・ウォーズ』シリーズ。3月16日(金)からはいよいよ3Dになった『スターウォーズ エピソード1 ファントム・メナス 3D』も公開されるが、その生みの親でもあるジョージ・ルーカス監督に対する『スター・ウォーズ』ファンたちの声を世界各国より集めたドキュメンタリー映画『ピープルVSジョージ・ルーカス』(2012年3月公開)が登場した。

2010年3月、アメリカ・テキサス州のオースティンで開催のサウス・バイ・サウスウエスト映画祭でのワールドプレミア上映を皮切りに、エディンバラ国際映画祭など世界各国の映画祭で多くの共感を集めてきた本作は『スター・ウォーズ』が好きで好きでたまらないがゆえに、その創造主であるジョージ・ルーカス監督に愛憎入り交じった念を抱く世界各国のファンや、『スター・ウォーズ』第1・2作のプロデューサーとしても知られるゲイリー・カーツら、ルーカス監督に近しい映画人へのインタビューで構成されたドキュメンタリー。ブラジル、ポーランド、ドイツ、スペイン、カナダをはじめ、日本や南極まで、まさに世界中を駆け巡って撮影したインタビュー映像は634時間にも及んだという。数ヶ月にも及ぶ期間を経て92分に編集された本編には、『鉄コン筋クリート』(06)のマイケル・アリアス監督や、ストームトルーパーのコスプレイヤーとしても知られる情報番組「culture japan」の司会者ダニー・チューらが登場している。

映画や小説、マンガや音楽など創作物の素晴らしさに心奪われ、それを生み出した人物に心酔したり、あまりの期待外れの展開に「可愛さ余って憎さ百倍」となってしまう事例は数あれど、国境や世代などの垣根を全て乗り越え、30年以上も人々から愛情と憎悪の両方をぶつけられ続けている映画監督はジョージ・ルーカスをおいて他にいないだろう。それほどまでに愛される『スター・ウォーズ』の魅力を、世界中のファンの視線を通して再確認できる一作だ。【トライワークス】

関連映画ニュース