• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 2012年ブレイク必至のイケメン、テイラー・キッチュが主演映画『ジョン・カーター』をアピール!
  • NEWS

2012年ブレイク必至のイケメン、テイラー・キッチュが主演映画『ジョン・カーター』をアピール!

2011年12月12日 12:21

『ジョン・カーター』のフッテージ上映会で来日した主演のテイラー・キッチュとプロデューサーのジム・モリス(左)

ウォルト・ディズニー生誕110周年記念映画『ジョン・カーター』(4月13日公開)のフッテージ上映会が12月12日、新宿ピカデリーで開催。原作は『スター・ウォーズ』シリーズや『アバター』(09)にインスピレーションを与えたと言われるエドガー・ライス・バローズのSF小説「火星のプリンセス」。来日したプロデューサーのジム・モリスがフッテージについて解説をした後、主演のテイラー・キッチュも登壇し、本作の見所を語った。

滅亡の危機にある神秘の惑星“バルスーム”を舞台に、愛する妻と娘を失った地球人のジョン・カーターが死闘を繰り広げる『ジョン・カーター』。主演は『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』(09)のガンビット役で注目されたテイラー・キッチュで、2012年ブレイク必至のイケメン俳優だ。彼を主演に抜擢した理由について、ジム・モリスはこう語った。「まずは素晴らしいルックス。でも、それだけじゃない。彼の瞳の奥に何かを感じたんだ。今回のカーター役の心の葛藤や心の傷、人間性を取り戻したいと思い悩む心情を、彼なら表現できると思った」。

テイラーは、カーター役をオーディションで勝ち獲った時の感想を「大役を演じられる名誉、しかも歴史ある作品ということで嬉しく思った。とてもプレッシャーは感じたけどね」と語る。また、撮影中、苦労した点については茶目っ気たっぷりに「ウィレム・デフォーやサーク族がパジャマを着ることができるってことに嫉妬しました」とのこと。え??パジャマ!? これは映像を見てからのお楽しみということで。

本作で彼は、ダイナミックなアクションにもトライした。「今回の撮影前に、6ヶ月食事制限をし、7ヶ月間撮影をした。グレートホワイトエイプ(クリーチャー)との激闘シーンが一番努力が必要だった。5、6日間の撮影中、ずっと打ちのめされ続けたので。また、最後のスピーチも大変だった」。プロデューサーも「テイラーはほとんどのスタントを自分でやったんだ。彼自身がずっと吊るされ続けたり、高く飛んだり、戦ったりしていたよ」と、彼の俳優スピリットをねぎらった。

短いフッテージ映像を見ただけでも、本作のスケールの大きさやワクワクするようなアドベンチャーの面白さが伝わってきた本作。手に汗握るアクションや、ユニークなクリーチャーたちの動き、そしてリアリティーを出したかったということで、世界各国でロケをした壮大な世界観も見るものをうならせる。テイラーが「僕自身も完成版を楽しみにしてる」と言っていた『ジョン・カーター』は、2D・3Dで2012年4月13日(水)日米同時公開されるので乞うご期待!【取材・文/山崎伸子】

関連映画

関連映画ニュース

[c]2011 Disney. JOHN CARTER TM ERB, Inc.| [c]Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.| [c]Disney Enterprises,Inc.All Rights Reserved.| [c]GLOBE PHOTOS/AFLO| [C]JIN| [C]2010 Fox and its related entities. All Rights Reserved.| [C] 1999 by FRANCHISE PICTURES| X-Men Character Likenesses TM & [c] 2009 Marvel Characters, Inc. All rights reserved. TM and [c] 2009 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.