• NEWS

14年の時を経て「ベルセルク」テレビアニメ版が遂にブルーレイ化!

2012年1月12日 10:00

ガッツから全てを失った忌まわしき“蝕”のシーンは迫力満点!
ガッツから全てを失った忌まわしき“蝕”のシーンは迫力満点![c]三浦建太郎/白泉社・バップ・NTV

中世のヨーロッパを彷彿とさせる世界を舞台に、巨大な剣をかついだ剣士ガッツの復讐の旅を描くダークファンタジー「ベルセルク」。現在もヤングアニマルで連載中の同作が3部作として待望の映画化、その第1弾が『ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵』のタイトルで2月4日(土)から公開となるが、それを記念し、1997年10月から1998年3月まで深夜放送されたテレビアニメ版「剣風伝奇ベルセルク」が初めてブルーレイ化され、1月18日(水)にリリースされる。

このテレビアニメ版で描かれるのは、ガッツと「鷹の団」の団長グリフィスとの出会いから、“蝕”によってグリフィスがゴッドハンドとして転生するまでを描く、黄金時代篇をベースにしたもの。今回の映画版3部作で描かれるのと全く同じストーリーとなる。

デジタルを大々的に取り入れた映画版と異なり、さすがに14年も前に製作された作品だけに、映像のアナログ感は拭いきれないが、クライマックスとなる“蝕”の阿鼻叫喚の地獄絵図は今見ても壮絶極まりない。また、原作にも、今回の映画版にもないオリジナルのエピソードも描かれているところが興味深い。さらに今回の劇場版ではスタッフ・キャストが一新されているので、テレビアニメ版と映画版、どちらの声優がぴったりなのか、見比べてみるのも面白いだろう。

劇場版3作が一挙公開される2012年の“ベルセルクイヤー”を迎え、いっそうの盛り上がりが期待されるだけに、「ベルセルク」を知らない方は、まずテレビアニメ版を試してみてはいかがだろうか。【トライワークス】

■「剣風伝奇ベルセルク」BD-BOX
発売日:1月18日(水)
価格:26,250円
発売元:バップ 

関連映画

関連映画ニュース