• NEWS

待望のAKB48ドキュメンタリー映画第2弾はグループ内の光と影を映し出す衝撃作に

2011年12月12日 00:00

12月16日(金)より発売の前売券には数量限定で私服生写真とプレミア試写会応募券(25日販売分まで)が付いてくる
12月16日(金)より発売の前売券には数量限定で私服生写真とプレミア試写会応募券(25日販売分まで)が付いてくる[c]2011「DOCUMENTARY of AKB48」製作委員会

今や連日テレビやネットでその名前を聞かないということがないほどの存在となったAKB48。アイドル戦国時代と呼ばれるなか、他のグループの追随を許さない彼女たちだが、熱心に秋葉原の劇場やライブ、握手会などに足を運んでいるファン以外は、AKB48という名前を知ってはいても、実際に彼女らがどんな人物なのかを知らない人も多いはずだ。

今年1月に劇場公開された初のドキュメンタリー映画『DOCUMENTARY of AKB48 to be continued』は、2010年に大ブレイクした彼女たちの一年の歩みと、前田敦子や大島優子といった中心メンバーにスポットを当て、知られざる一面を映し出したことで、“AKB48とは何ぞや”という問いかけに答え、コアなファンだけでなく、幅広い層から話題を呼んだ。そんな同作に続き、ドキュメンタリー映画第2弾『DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る』が2012年1月27日(土)より公開されることになった。

12月11日に幕張メッセで実施された「風は吹いている」劇場盤発売記念大握手会で、劇場公開決定が明かされた本作。今回は、よりハードになったスケジュールをこなす2011年のAKB48の活動に迫りつつ、報道されてこなかった舞台裏にも潜入。グループの中の“光と影”が映し出される。ドラマや映画に起用され、グループを離れて一人で活動するメンバーがいる反面、静かにマイクを置いて去っていくメンバーもいる。また、3月に起きた東日本大震災以降、東北を何度も訪れ、被災者を励まし続ける少女たちの姿も刻まれている。AKB48はいったい何を思っているのか、膨大な記録映像と独占インタビューによって紡がれる。

“国民的アイドル”と呼ばれる彼女たちも、もとは普通の10代、20代の少女だ。スターとして華やかな舞台で輝くようになった反面、失ったものも少なくないはず。本作はAKB48というグループにスポットを当てているが、現在のアイドルブームの実情がそこに凝縮されているといっても過言ではない。AKB48ファンにとっても、アイドル全般が好きな人にとっても、興味深い一作となるに違いないだろう。【トライワークス】

関連映画

関連映画ニュース