• EVENT

天海祐希、天才子役の美少年から「キレイ」と言われご満悦!

2011年11月29日 20:03

『リアル・スティール』のジャパンプレミアに登壇した天才子役ダコダ・ゴヨと天海祐希

スティーブン・スピルバーグとロバート・ゼメキスが製作総指揮でタッグを組んだ、ヒュー・ジャックマン主演のSF映画『リアル・スティール』(12月9日公開)。本作のジャパンプレミアが、11月29日に六本木ヒルズアリーナで開催され、ヒュー演じるチャーリーの息子マックス役のダコダ・ゴヨとショーン・レヴィ監督が来日。ヒロイン・ベイリーの日本語吹替版の声優を務めた天海祐希も参加し、母のような柔らかい表情でダコタに寄り添い、共にレッドカーペットを歩いた。

本作は、人生に挫折した男とその息子が、ロボット格闘技を通して親子の絆を深め、人生を切り開いていく物語。登壇したレヴィ監督は「ドウモアリガト!」と日本語でお礼を言い、「今、日本語を勉強してたんだ」とおちゃめに挨拶。スピルバーグが「奇跡の子役」と絶賛した名子役のダコタも、「日本に来られて嬉しいです」とはにかみながら挨拶した。会場のリングでは、もう一人の主人公とも言えるロボット“ATOM”(アトム)が3人を出迎えた。

天海は、エヴァンジェリン・リリー扮するベイリー役で、10月2日(現地時間)に行われたロサンゼルスでのワールドプレミアにも出席した。彼女は「前回はアウェイでしたが、今回はホームだから、どんと構えてお迎えしてるつもりです」と気合たっぷりにコメント。ダコタは天海の印象を聞かれると、日本語で「キレイ」とリップサービス。天海は「グッド・アンサーです」とご満悦な笑顔を見せた。

ダコタの魅力について、レヴィ監督が「俳優として素晴らしいだけではなく、子供らしさ、誠実さも持っている。そういうところが魔法のように光ってます」とほめ称えると、天海も「スクリーンで見るダコタくんは素晴らしいですが、こうやって会うととてもシャイで、聡明で美少年ですね。これからどうやって成長していくのか、母のような気持ちで楽しみです」と語った。

最後にダコタは「ATOMは息子とお父さんをつなぎとめるハートの役。素晴らしい作品です」と本作をアピール。確かに心揺さぶる親子愛だけではなく、ロボットながらも愛嬌たっぷりのATOMと少年の触れ合いも、見る者の心に響く『リアル・スティール』。本作が公開されれば、ダコダ・ゴヨは日本でも熱い視線を浴びるに違いない。【取材・文/山崎伸子】

関連映画

関連映画ニュース

[c]DreamWorks II Distribution Co. LLC All Rights Reserved.| [c]2013 ハル製作委員会| [c]DreamWorks II Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.