• NEWS

沖縄国際映画祭2冠『クロサワ映画』第2弾もモテない女芸人の恋が痛すぎる!

2011年11月27日 9:00

クリスマスを控えるシーズン、今回も黒沢たちのおかしくも切ない恋の物語が綴られる | [c]吉本興業/フジテレビジョン

森三中の黒沢かずこ主演で昨年公開された『クロサワ映画』は、女芸人ゆえの葛藤に満ちた恋をリアルに描き、第2回沖縄国際映画祭でグランプリと審査委員特別賞の2冠に輝くなど、高く評価された作品だ。そして、早くもその第2弾となる続編『クロサワ映画2011 笑いにできない恋がある』が登場、11月26日に公開初日を迎えた。

前作に引き続き、黒沢かずこ、椿鬼奴、光浦靖子など、見るからに幸の薄そうな女芸人たちが本人役で出演する本作。今回の恋路は何と国境を越え、あまりにモテず、居酒屋でやさぐれていた彼女たちの前に韓国から来た韓流イケメンが出現し、ロマンスを繰り広げていく。

普段は体を張ってお茶の間をにぎわせる彼女たちが、恋愛に関しては臆病になってしまう様は「これが素の表情?」と思えるほどリアルだ。連絡先すら満足に交換できない女の子ぶりを発揮しながら、笑いを取れば取るほど恋が遠ざかっていく彼女たちの痛さに腹を抱えながらも、不器用だが真っ直ぐ恋愛に向き合う姿には思わず感動してしまう作品に仕上がっている。

映画としての評価も高く、今年開催された第3回沖縄国際映画祭では、本作のために急遽、新たな表彰枠が設けられたというほど。思い切り笑って、ほろりとくる心温まる物語は、きっとあなたの恋を少しだけ後押ししてくれるはずだ。【トライワークス】

関連映画

関連映画ニュース

[c]吉本興業/フジテレビジョン| [c]吉本興業/フジテレビジョン| (C)吉本興業/フジテレビジョン