• TOP
  • ニュース
  • コリン・ファレル、役者になったのはE.T.のおかげ?
  • GOSSIP

コリン・ファレル、役者になったのはE.T.のおかげ?

2011年11月21日 11:17

バッドボーイのイメージが強いコリン・ファレル
バッドボーイのイメージが強いコリン・ファレル[c]GLOBE PHOTOS/AFLO

バッドボーイのイメージが強いコリン・ファレルだが、意外にも役者になるきっかけになった作品は、スティーブン・スピルバーグ監督の名作『E.T.』(82)だったというから何とも可愛らしい。

「『E.T.』を見て泣いちゃったぐらい本当に好きな映画だった。自分を全く別世界に連れて行ってくれたしね。この作品が、感情とか思考において特別なものを自分に吹き込んでくれたし、それがすごく長い間、自分の中に生き続けていて、その後の自分の人生に大きな影響を与えたのは間違いないよ。役者を志した大きなきっかけになったんだ」と、サン紙に語っている。

コリンといえば、ドラッグ中毒やアルコール依存症などで苦しんだ時期もあったが、最終的に立ち直れたのは、もともとがE.T.をこよなく愛するピュアなハートの持ち主だったからなのかもしれない。【NY在住/JUNKO】

関連映画ニュース