• NEWS

『SPEC 天』伊藤淳史は本人役、浅野ゆう子はお金が大好きな謎の中国人役で出演!

2011年11月17日 14:30

『SPEC 天』(仮題)に出演する浅野ゆう子(左)と伊藤淳史
『SPEC 天』(仮題)に出演する浅野ゆう子(左)と伊藤淳史[c]2012 映画『SPEC 天』製作委員会

戸田恵梨香&加瀬亮W主演連続テレビドラマの映画化『SPEC 天』(仮題・2012年春公開)に伊藤淳史、浅野ゆう子が出演することがわかった。ふたりは強力なスペックホルダーとして出演し、特殊能力の使い手を怪演、主人公の当麻紗綾(戸田)や瀬文焚流(加瀬)と死闘を繰り広げるという。また、伊藤は本人役として出演する。

伊藤が演じる伊藤淳史は俳優として活躍する傍ら、その正体は身体から無数の槍状のものを自在に飛ばし、対象を攻撃する“トンガリ系”のスペックホルダーという異色の配役だ。ドラマ「SPEC 警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿」を一視聴者として見ていたという伊藤は、「まさか自分が出演させていただけるとは夢にも思っていませんでしたのでとても幸せです」と本作への仲間入りの喜びを語り、本人役については「最初に台本を開いた時、僕だけ役名の欄に自分の名前があり、僕の役は伊藤淳史なんだとわかりびっくりしました(笑)」と驚きを隠せなかったようだ。

浅野の役どころは、お金が大好きな謎の中国人女性のマダム陽(ヤン)。今回、劇中で発生する事件に関わる、恐るべきスペックを持つ役で、物語の鍵を握る存在となる。本作のメガホンを取る堤幸彦監督を「とても好きな監督だ」と豪語する浅野は、「『SPEC』もきっと続編ができるだろうと秘かに楽しみにしておりましたところ、映画化という噂を聞きつけ、尚かつ私にお声をかけていただいたという話を聞き、『あのSPECに参加させていただけるんだ!』と“天”にも舞い上がってしまいそうな気持ちになり、嬉しゅうございました」と、独特のコメントで出演の喜びを語った。浅野の起用について、プロデューサーは「チャイナドレスの似合う方、馬鹿馬鹿しい演技も進んでできる方を探していたところ、浅野さんがまずマダム陽という役名を聞いて、すぐに気に入っていただいたようで、快諾をいただきました(笑)」と裏話を明かしてくれた。

ふたりのほか、既に発表があったように、栗山千明もCIRO(内閣情報調査室)特務班の一員で大人の色香を漂わせる謎の帰国子女役で仲間入りしている。【Movie Walker】

関連映画

関連映画ニュース