• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 三谷監督、舞台挨拶に登壇した目に見えない更科六兵衛が阪神ファンと知ってビックリ!
  • NEWS

三谷監督、舞台挨拶に登壇した目に見えない更科六兵衛が阪神ファンと知ってビックリ!

2011年11月13日 15:23

『ステキな金縛り』の大ヒット御礼舞台挨拶で深津絵里や三谷幸喜監督らが登壇

10月29日に公開された三谷幸喜監督作『ステキな金縛り』が、2週連続で興行成績No.1をマークし、公開11日間で動員180万人、興収22億円の大ヒットとなった。そこで11月13日、TOHOシネマズ日劇1で、本作の大ヒット御礼舞台挨拶が行われ、深津絵里、阿部寛、中井貴一、三谷幸喜監督と、落ち武者の幽霊・更科六兵衛が登壇。観客には姿が見えない六兵衛だが、劇中同様、存在感をアピールできるようにハーモニカが用意され、それを吹いてのやりとりに観客は大爆笑となった。

『ステキな金縛り』は、深津絵里扮する三流弁護士・宝生エミが、被告人のアリバイを語る証人として、落ち武者の幽霊・六兵衛(西田敏行)を法廷に立たせるという抱腹絶倒のコメディだ。エミ役の深津は「三谷監督にしか思いつかないお話です。エンドロールまで見逃さずに見ていただきたいです」と笑顔でコメント。三谷監督は「本当に幸せです。こんなに素晴らしい俳優さんに集まってもらって、コメディを作れる自分は恵まれています。阿部さん、中井さんは日本を代表するコメディアンです。深津さんは世界を代表するコメディエンヌです」と語ると、会場から拍手が上がった。

会場には、深津たちの他、六兵衛も来ているとのこと。姿が見えない彼は、質問に対してYESの場合はハーモニカを1回、NOの場合は2回吹くことで意思表示をしてくれるという。三谷監督は「これだけネタをばらしても、つまらなくなる映画じゃないので安心してください」と前置きをしながら、「六兵衛さん、いらっしゃいますか?」と尋ねると、六兵衛は「プー(YES)」とハーモニカを鳴らし、会場は大爆笑に。

深津が「来年、阪神は優勝しますか?」と尋ねると、六兵衛は「プー(YES)」。阿部が六兵衛に「お久しぶりです」と話かけると、三谷監督が「目線がちょっと違います」と、阿部に駄目出し。阿部は笑いながら「僕はもう一本、『麒麟の翼』(1月28日公開)という映画をやりますが、ヒットしますか?」と聞くと「プー(YES)」と答える六兵衛。中井も笑いをこらえつつ、「来年、大河ドラマ『平清盛』で平忠盛役をやるんですが、平清盛とかって会ったことありますか?」と聞くと、またもや「プー(YES)」。その後、「来年、巨人は優勝しますか?」という問いには「プープー(NO)」と答える六兵衛に、「阪神ファンなんですか?」と三谷監督もビックリしている様子だった。

最後に三谷監督は「うまくすれば今年度の邦画No.1に」と堂々宣言。「その前に『コクリコ坂』(公開中)という大きな坂がありますが、何とかそれを乗りこえていきたいです」と力強く語った。劇中の設定を巧みに利用して、ここまで笑える舞台挨拶にするなんて、さすがは日本のコメディキング三谷幸喜。大ヒット街道爆走中の『ステキな金縛り』が、今後どこまで数字を伸ばすか、まだまだ目が離せない。【取材・文/山崎伸子】

関連映画

関連映画ニュース

[c]2011 フジテレビ 東宝| [c]2013フジテレビ 東宝| [C]2011 フジテレビ 東宝