• GOSSIP

マドンナ、スーパーボウルにオリンピックと2012年は歌手として復活!

2011年10月31日 11:14

今年は映画人として活動していたマドンナ | [c]GLOBE PHOTOS/AFLO

今年は『W.E.』(全米公開12月9日)でメガホンを取り、ヴェネチア国際映画祭にも出席するなど、歌手としてではなく映画人として活動していたマドンナだが、来年は再び歌手活動に力を入れるようだ。

つい最近、マドンナが2012年2月5日に開催されるNFLの祭典、スーパーボウル決勝戦のハーフタイムショーでパフォーマンスすることが明らかになったばかり。1998年、2000年にもオファーを受けながら断っていたマドンナだが、「マドンナは、レディー・ガガがハーフタイムショーのパフォマーとして候補に挙がっていることを聞き、自分の力を見せ付けるためにもオファーを受け入れたようです。アメリカで最も視聴率が高いと言われている同ショーでは、これまでにもミック・ジャガー、ジャスティン・ティンバーレイク、ジャネット・ジャクソンなど、多くのアーティストがパフォーマンスをしてきましたが、史上類を見ないショーを見せようと意気込んでいる」と報道されたばかり。

そして今度は、「マドンナは、2012年7月にロンドンで開催される夏季オリンピックのイベントの一環として、ロンドンのハイド・パークで行われるコンサートで、6万人の前でパフォーマンスすることを決心しました。しばらく歌手としてスポットライトを浴びていませんでしたが、華々しく復活を図るのに、オリンピックほど絶好の機会はないと考えているんです」と、マドンナに近い関係者がザ・サン紙に語っており、53歳のマドンナの底力を見せてくれそうだ。【NY在住/JUNKO】

関連映画ニュース

[c]GLOBE PHOTOS/AFLO| 写真:SPLASH/アフロ