• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 『スマグラー』初日に妻夫木聡が打倒!三谷幸喜宣言「何としてでも今週でガッツリとる」
  • NEWS

『スマグラー』初日に妻夫木聡が打倒!三谷幸喜宣言「何としてでも今週でガッツリとる」

2011年10月22日 11:25

『スマグラー おまえの未来を運べ』の初日舞台挨拶に登壇した妻夫木聡

真鍋昌平の人気コミックを映画化した『スマグラー おまえの未来を運べ』の初日舞台挨拶が10月22日、新宿バルト9で行われ、出演者の妻夫木聡、永瀬正敏、松雪泰子、満島ひかり、安藤政信、阿部力、我修院達也と、石井克人監督が登壇した。

開口一番、出演者は口々に「嬉しい」と公開の喜びを笑顔で語り、石井監督は「こんなに素晴らしい役者の方々と共に(舞台に)立たせていただけて、夢のようですね。この映画、怖いところもあるんですけど、ちょっと勘弁してください」と上機嫌。続けて、「前半は結構面白いんで」と話すと、妻夫木は「全部面白いですよ!」とすかさずフォロー。

石井監督作品初参加となった松雪は、「すごく爽快感のある、エンターテインメントに仕上がっていて、試写では自分が出演しているのも忘れて見入ってしまいました」と話し、同じく初参加の満島も「出演者の皆さんや、周りの大人たちが(撮影)現場で、本当に楽しく映画を作っている姿を毎日見ていられて幸せでした」と振り返った。以前から石井監督の世界観に憧れていたという安藤は、「やっと、好きな石井さんからオファーが来て、ご一緒できたことが嬉しい」と念願の監督作品出演に顔をほころばさせた。砧(妻夫木)を騙す中国人のチンピラを演じた阿部は「この映画で初めてこんなに弾けた役をやったんじゃないかと自分が思うほど、ちょっとぶっ飛んでます」と自信を見せた。「ジョー(永瀬)の相棒で、スマグラーの一員であるジジイを演じた我修院さんです」と紹介された我修院には、「皆さん、すごいでしょ。役名がジジイですから」と話し、「この映画が大・大・大ヒットするように願っています」と、おなじみの独特の声でPRした。

本作には個性豊かな男性陣が登場するが、女性陣には「男性陣の中から仕事でパートナーを選ぶとしたら?」という質問に、松雪はジョー(永瀬)を選び、「仕事をきっちりやってくれる」とコメント。すると、永瀬は「やった! 嬉しいな」とガッツポーズ。喜ぶ永瀬に対し、妻夫木は「役ですから」と冷静に突っ込み、永瀬を落ち着かせた。

終始、突っ込み役となっていた妻夫木だが、最後は主演としてきっちりと「見どころを聞かれたりするんですけど、この映画に関しては選べない。一人、一人のキャラクターを監督が細かく作り上げているので、そこにも注目して見てほしい。何せ、物語が面白い。見終わって、こんなにスカッとする映画はない。映画見て、メシ食って、うわーいってなってください(笑)。気に入ってもらえると思う!」と挨拶し、「来週には三谷(幸喜監督)組のやつ(『ステキな金縛り』の公開)があるから、何としてでも今週でガッツリ取っておかないといけないんですよ! よろしくお願いしますよ。東宝さんに負けちゃうんで、ワーナーも頑張っていこう!」と冗談を交えつつも、しっかりとアピールした。

トロント国際映画祭や、シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭、シカゴ国際映画祭など、数々の国際映画祭に出品されており、妻夫木は「いろんな国の方に見てもらえるというのは嬉しい」と話す一方、「映画祭、あったんだったら行きたかったな」と本音をもらした。本作の主題歌には、Superflyが書き下ろした「愛をくらえ」が、イメージソングにはSuperflyの未発表曲「I My Me Mine Mine」が起用されている。【Movie Walker】

関連映画

関連映画ニュース

[c]真鍋昌平・講談社/2011「スマグラー おまえの未来を運べ」製作委員会| [c]真鍋昌平・講談社/2011「スマグラー おまえの未来を運べ」製作委員会| [c]2012「愛と誠」製作委員会| [C]映画「ホタルノヒカリ」製作委員会| [c]KDDI Hint| [C]真鍋昌平・講談社/2011「スマグラー おまえの未来を運べ」製作委員会