• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • AKB48鈴木まりやが映画出演&主演&ホラーの初づくし!『こっくりさん 劇場版』が公開
  • NEWS

AKB48鈴木まりやが映画出演&主演&ホラーの初づくし!『こっくりさん 劇場版』が公開

2011年10月18日 10:18

『こっくりさん 劇場版』で主演を務めるAKB48の鈴木まりや | [C]2011「こっくりさん 劇場版」製作委員会

日本に、そして世界に広がっている霊交信のこっくりさん。世界的には、ウィジャボードと言われ、その霊交信の簡単さと魅力に世界中の子供が一時期的にのめり込む遊びの一種だ。そんなこっくりさんと題材とした映画『こっくりさん 劇場版』が、11月26日(土)よりAKB48チームBに所属する鈴木まりや主演で公開されることがわかった。

映画初出演にして、初主演を務め、初のホラーに挑む鈴木まりやは、霊交信の呪いに立ち向かう女子高生役に挑戦する。監督には『2ちゃんねるの呪い 劇場版』(11)でネットの都市伝説の闇を斬新に描いた永江二朗。ホラーシリーズ作品を数多く手掛け、そして今回は世界的な霊術の恐怖を大胆に描く。鈴木のほか、片岡明日香、梅本静香、後藤那奈、山形啓将、飯田まさとらが出演し、本作を盛り上げる。

死後30年以上経った、当時行方不明になっていた少年の白骨死体が山間で発見された。その死体と共に、こっくりさんの紙が見つかったことで、ニュースで取り扱われることに。女子高生・大島絵梨(鈴木)の学校でも昔と変わらず、こっくりさんが流行っていた。ある朝、絵梨の母・友子がテレビに釘付けになっていた。その視線の先は、少年の白骨化事件のニュースだった。その日の夜、母の異変に心配になる絵梨。翌朝、母を起こしに部屋に入った絵梨は絶叫、母が死んでいたのだ。意味不明なミイラ化された母の顔に、絵梨は大きなショックを受ける。

そんな中、間宮という不審な男が母の葬式に現れる。間宮は母の死の真相を知っているようだった。さらに、牧瀬浩二という男が絵梨を訪ねてくる。浩二は母の友人の息子だと名乗り、また浩二の母親も数日前に変死していたのだ。そこで絵梨は、間宮が母と、浩二の母とも同級生だったと聞かされる。真相を知るため、動き出した絵梨。しかし担任の北村(片岡明日香)が、「既にあなたにまで呪いがかかっている」と忠告をする。北村は昔から特殊な霊視能力があったのだ。このままでは絵梨まで呪い殺される。北村と絵梨は、38年前の真相を探るとともに、こっくりさんの呪いを解きに母の故郷へと向かった。

【Movie Walker】

関連映画ニュース

[C]2011「こっくりさん 劇場版」製作委員会| [c]2011「僕たち」フィルムパートナーズ| [c]2012 フジテレビジョン 東宝 電通 アルタミラピクチャーズ| [c]PAL ENTERTAINMENTS PRODUCTION All Rights Reserved.| [c]2010「ワラライフ!!」製作委員会