• TOP
  • 映画ニュース
  • 逆光、止め絵、繰り返しショットなど、アニメ界の巨匠・出崎統が遺した多大な影響とは
  • NEWS

逆光、止め絵、繰り返しショットなど、アニメ界の巨匠・出崎統が遺した多大な影響とは

2011年12月11日 13:26

このまばゆいばかりの光の効果。これぞ“出崎節”だ
このまばゆいばかりの光の効果。これぞ“出崎節”だ[c]手塚プロダクション

「あしたのジョー」「エースをねらえ!」「ガンバの冒険」「宝島」「ベルサイユのばら」など、昭和のテレビを彩った傑作アニメの数々。それぞれ波乱の道を歩む主人公たちの生き様を唯一無二の演出で魅せてくれたのが、今年4月に急逝した出崎統監督だ。「鉄腕アトム」のアニメーターからキャリアをスタートさせた出崎監督は、初監督作品となる「あしたのジョー」以降、「出崎調」「出崎節」「出崎演出」と、後に呼ばれる画期的かつ斬新な演出法でアニメーションの歴史に大きな足跡を残していった。

「あしたのジョー」で見せたキラキラと光る吐瀉物や真っ白な灰のように燃え尽きたジョーの心情を的確に表現した最終回の「止め絵」、「エースをねらえ!」でのお蝶夫人のカリスマ性を表現したスローモーションや宗方コーチ登場シーン時の4回繰り返しショット。なかでも、その存在感を逆光による演出などで表現した「ガンバの冒険」に登場のキャラクター、ノロイが当時の子供たちを恐怖のどん底に突き落とし、今なお「史上最凶のアニメキャラ」として語り継がれているのは、出崎演出でなければ成し得なかったことだろう。

アニメ演出の技法など、全く知らない子供たちにも鮮烈な印象を残した出崎演出が同業者に与えた衝撃は大きく、「機動戦士ガンダム」シリーズの富野由悠季監督は、出崎監督作を見て、「初めて日本のテレビアニメに天才がいることに気づかされた」と評し、『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』(95)の押井守監督は、出崎監督の劇場版『エースをねらえ!』(79)を何度も見ることによってアニメ演出の手法を学んだと語っている。

そんな出崎監督の代表作の1つでもあるのが、手塚治虫の「ブラック・ジャック」OVA版だ。キャラクターデザイン&作画監督の杉野昭夫との名コンビはもちろん、ブラック・ジャック役の大塚明夫、ピノコ役の水谷優子といった最強の布陣による同シリーズ11年ぶりの新作2エピソードが「ブラック・ジャック FINAL」として12月16日(金)にリリースされる。闘病中ながら、監修及びシリーズ名誉監督として作品に関わり続けた出崎監督。遺作となってしまった本作の特典ディスクには、出崎監督が日本のアニメーション界に与えた多大なる影響を探る、関係者によるインタビュー証言映像の収録を予定している。

まさに、巨匠と呼ぶにふさわしい出崎監督最後の仕事を見届ける。それこそが、監督の作品に40年近くに渡り、夢や感動を与えられてきた私たちファンの役目なのかもしれない。【トライワークス】

■ブラック・ジャック FINAL【スペシャル・エディション】
発売:12月16日(金)
価格:5,985円
発売元:中央映画貿易、オデッサ・エンタテインメント
販売元:オデッサ・エンタテインメント

関連映画ニュース