• TOP
  • ニュース
  • ブランジェリーナ、食糧不足のソマリアの子供たちに34万ドルを寄付へ
  • GOSSIP

ブランジェリーナ、食糧不足のソマリアの子供たちに34万ドルを寄付へ

2011年10月12日 12:58

ソマリアの子供のために34万ドル(約2610万円)を寄付
ソマリアの子供のために34万ドル(約2610万円)を寄付[c]GLOBE PHOTOS/AFLO

数々の人道主義団体に寄付を行っているブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーが、今度は食糧不足に陥っているソマリアの子供たちのために、34万ドル(約2610万円)を寄付したことがわかった。

国際親善大使を務めるアンジェリーナ・ジョリーは、内戦が続くソマリアを訪れてはその惨状を世の中に訴えているが、ソマリアでは多くの女性や子供たちを含む罪のない一般市民たちが命を奪われ、故郷を離れて難民キャンプに移住しても、食糧不足によって命が奪われるという悲惨な状況が起こっているという。

かねてから「この国では、5歳以下の2万9000人の子供たちが干ばつと食糧不足によって死の危機に瀕しています。さらに国連によれば75万人の人々が、ここ数ヶ月で餓死する可能性があると言われています」「私はここ数年間ソマリアの人々に触れることで、彼らの持つゆるぎない信念とたくましい精神力は私に大きな影響を与えてくれました。また、良き母であり人間であるためにはどうしたら良いかなど、様々なことを学びました。難民キャンプで過ごす名誉と特権を与えてもらい、本当に感謝しています」と語っていたアンジェリーナは、その感謝の気持ちを形に表したことになる。

今回の寄付はジョリー・ピット基金を通じて行われ、毎日300人もの子供や女性たちがやってくるソマリアの首都モガディシュの難民キャンプ拡張のための資金として使われる。【NY在住/JUNKO】

関連映画ニュース