• NEWS

竹内結子らが熱い思いを語る『はやぶさ HAYABUSA』初日舞台挨拶が開催

2011年10月1日 17:11

子供たちから渡された花束を手に、うれしそうな表情を浮かべる竹内結子らキャスト陣
子供たちから渡された花束を手に、うれしそうな表情を浮かべる竹内結子らキャスト陣

小型惑星探査機はやぶさの7年に渡る壮大なプロジェクトを、その開発に携わった人々の人間ドラマを織り交ぜて描いた感動作『はやぶさ HAYABUSA』。その初日舞台挨拶が10月1日、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて開催され、竹内結子、西田敏行、高嶋政宏、佐野史郎、鶴見辰吾らキャスト陣と堤幸彦監督、そして主題歌を歌うfumikaが登壇した。

劇中で、宇宙科学研究所の研究生として働く主人公・水沢恵を演じた竹内は「皆さん、本日はお越しいただきましてありがとうございました。この映画には“夢”や“希望”といった、人を動かす原動力になるエネルギーがいっぱい詰まっています。日本人であることを誇りに思える素敵な内容に仕上がっているので、最後まで楽しんでください」とコメント。続いて恵の上司であり、研究所の対外協力室室長・的場泰弘を演じた西田は「皆さん、はやぶさの偉業はニュースなどでご存知だと思いますが、ひとりの俳優として、この快挙を映画化できることを本当にうれしく思います。そして、今日来てくださったお客さんは良い人ばかりですね。きっとそのうち良いことがありますよ、根拠はないけど(笑)」と語り、客席を沸かせた。

また舞台挨拶の後半には、fumikaによる主題歌「たいせつな光」のライブや、はやぶさのコスプレをしたYAC(財団法人日本宇宙少年団)の子供たちからの花束贈呈イベントなども実施され、会場は大盛り上がりに。これを受けて堤監督は「私は“科学”というモノが苦手で、実はこの作品のお話をいただいたときも、本当に自分に演出できるのか、すごく不安だったんです。でも、登場人物のモデルになった方たちにお会いして、その人柄に触れたことで『是非、監督したい!』と思うようになりました」と意外な裏話を明かしてくれた。さらに、イベントの最後には、本作の全米公開が決定したことも発表され、竹内も「世界中に、はやぶさの凄さや日本人の底力を知ってもらえるとうれしいですね。私も海外版の字幕を見て、英語の勉強をしようかな」と喜びを語った。

本作を皮切りに、『はやぶさ 遥かなる帰還』(2012年2月11日公開)や『おかえり、はやぶさ』(2012年3月10日公開)など、“はやぶさ”を題材にした映画は今後続々と公開される予定。この流れに乗り遅れないためにも、先発作品に当たる『はやぶさ HAYABUSA』をどうぞお見逃しなく!【六壁露伴/Movie Walker】

関連映画

関連映画ニュース