• INTERVIEW

『天国からのエール』桜庭ななみが語る「人として大切なモノを感じ取ってほしい」

2011年9月28日 12:02

桜庭ななみが、最新出演作『天国からのエール』に対する思いを語ってくれた
桜庭ななみが、最新出演作『天国からのエール』に対する思いを語ってくれたスタイリスト:東野邦子、ヘアメイク:石原知世

小さな弁当屋を営むかたわら、ミュージシャンを目指す若者たちのために無料音楽スタジオを設立し、彼らの活躍を応援した故・仲宗根陽(なかそねひかる)さんの実話を映画化した『天国からのエール』(10月1日公開)。そんな本作で、仲宗根さんをイメージした主人公・大城陽に励まされ、バンド活動に全力で取り組む女子高生・比嘉アヤを演じるのが桜庭ななみだ。今回はそんな彼女に、撮影時の秘蔵エピソードや、自身の演じたキャラクターに対する思いを語ってもらった。

本作への出演がきっかけで、仲宗根さんと彼が設立した音楽スタジオ「あじさい音楽村」の存在を知ったという桜庭。台本を初めて読んだとき、仲宗根さんの人間的魅力に強い衝撃を受けたという。「本当にこんな人がいたのか、こんなに美しい話があったのかと、すごくびっくりしました。自分の余命を知りながらも、人のために一生懸命になれるなんて本当に素晴らしい。私にはきっと真似できないですね」。

劇中では、主人公・陽から若者たちに向けてのさまざまな“教え”が描かれるのだが、その中には、彼女自身の心に響いた教えもあったそうだ。「“あじさい10か条”という、スタジオを使う上でのルールの中に『挨拶をすること』『人の痛みがわかる人間になること』という教えがあるんですけど、この2つが特に心に残りました。どちらもその場だけの行為じゃなくて、それをすることで人と人との繋がりが生まれていく、とても大切なことですからね。この映画を通して、人として大切なモノを感じ取ってもらえるとうれしいです」。

“ミュージシャンを志す女子高生”という役柄に合わせて、ギターの練習にも励んだ桜庭。実際に演奏してみて、どんなことを感じたのだろうか?「とにかく初めての経験だったので、無我夢中で取り組みました。最初の頃は、どこを押さえたらどの音が出るのかも全然分からなかったので、コードを覚えるだけで精一杯でしたね」。ちなみに、バンドのメンバーとはすぐに打ち解けて、仲良くなったという。「撮影の1ヶ月前から合同練習を始めたんですけど、みんな素人ということもあって演奏はあまりうまくなくて(笑)。でも、そのおかげで緊張感が解けて、みんなとはすぐに仲良くなれました。沖縄でも、毎日撮影が終わってからホテルで練習したり、トランプで遊んだりして、まるで部活の合宿のような感覚でした」。

阿部寛演じる主人公に対し、桜庭の演じるアヤは、高校生サイドの中心人物として描かれている。この重要なポジションを担当するうえで、気をつけた点はあるのだろうか?「バンドのメンバーはみんな、ニイニイ(陽の通称)のおかげで成長するんですけど、アヤはその中でも一番、成長が感じ取れるキャラクターじゃないといけないので、そう見てもらえるように気をつけながら演じました。終盤のライブシーンでは、そんなアヤの心の成長を感じ取ってもらえるとうれしいです」。

そんなライブシーンには、桜庭自身、特別な思い入れがあるという。「台本には、ただ『ステージで歌う』としか書かれていなくて、監督からも『どう演じるかは、私自身の感性に任せる』と言われたんです。撮影期間中は、どういった感情表現をするべきかずっと悩んでいて、実はあのシーンを撮る直前まで、どう演じるかまったく決まっていなかったんです。なのでライブシーンには、あの時、あの場所に立った私自身のリアルな感情が反映されているんです」。

仲宗根さんと若者たちの過ごした日々をリアルに再現するため、撮影は全シーン、「あじさい音楽村」のある沖縄県本部町で敢行されたという。沖縄ならではの雰囲気を体感して、どういったことを感じたのだろう?「実際に音楽スタジオや、仲宗根さんのご家族が運営されるお弁当屋さんに伺って、現地の方たちと交流を持てたのが大きいですね。スタジオに通ったり、お店を手伝ったりする高校生たちの姿も間近で見られて、仲宗根さんがいらっしゃった当時の雰囲気を掴むことができました。またライブシーンの撮影には、大勢の現地の方にエキストラとして参加していただいたんですけど、みなさんが盛り上げてくださったおかげで、すごく迫力のある映像を撮りきることができました」。

最後に、そんな本作の見どころについて話してもらった。「私自身、この作品に参加したことで人として本当に大切なことが学べたし、作品自体もそれを伝えるメッセージがたっぷり詰まった内容に仕上がっていると思います。なので、大勢の方に観ていただいて、いろんなことを感じてもらえるとうれしいです。特に私は、アヤを通して『夢を追いかけることの素晴らしさ』や『追い続ければいつか絶対に夢は叶う』ことを表現したつもりなので、その辺りにも注目して観てもらえるとすごくうれしいですね!」。【六壁露伴/Movie Walker】

関連映画

関連映画ニュース