• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 大人の女性は今、“鈴木”さんに夢中!? 謎めいた実力派俳優・長谷川博己の魅力とは?
  • NEWS

大人の女性は今、“鈴木”さんに夢中!? 謎めいた実力派俳優・長谷川博己の魅力とは?

2011年9月18日 13:00

初めての“映画”に挑む人気急上昇中の俳優・長谷川博己 | [c]2011映画「セカンドバージン」製作委員会

45歳の美しい出版プロデューサーと、妻のある17歳年下の男性との激しくもスキャンダラスな純愛を描いた大ヒットドラマ「セカンドバージン」。昨秋、オンエアされるや、鈴木京香演じる主人公るいと同年代の大人の女性を中心に爆発的なブームとなった同作で、一躍脚光を浴びたのが若手俳優・長谷川博己だ。若手といっても現在34歳と、比較的遅咲きな俳優として突如出現した彼の魅力は、いったいどのようなところにあるのだろうか?

出世作となった「セカンドバージン」で長谷川が演じた鈴木行は、キャリア官僚からネット証券会社の社長へと転身した若きエリート。許されない恋に身を焦がす、切なくも情熱的な演技に心を射貫かれた女性が続出し、“女性に愛される理想の男”を見事体現することに成功した。多くのファンを獲得した彼は、続く「鈴木先生」で見事テレビドラマ初主演を果たし、悩みながら生徒と向き合う中学教師という役をこなし、幅の広い演技もみせている。

奇しくも“鈴木”役を連続で演じ、ブレイクした彼の魅力は、何と言ってもスーツが似合う182cmの長身と、繊細かつセクシーな指先だろう。上品かつ爽やかな印象に加え、クールさの中に時折浮かべる無邪気な笑顔とえくぼが大人の女性のハートをしっかりつかんだポイントのようだ。ルックスの良さが取り沙汰されることの多い彼だが、江守徹ら名だたる俳優陣を世に送り出した名門劇団・文学座出身のうえ、蜷川幸雄演出の舞台でも活躍するなど、その演技の実力は誰もが認めるところだ。

9月23日(祝)から公開される映画版『セカンドバージン』でいよいよ映画俳優としての一歩を踏み出し、変わらぬ“金融王子”ぶりを発揮している長谷川博己。その魅力をまだ見ていないのなら、是非スクリーンで確かめてみてほしい。【トライワークス】

関連映画

関連映画ニュース

[c]2011映画「セカンドバージン」製作委員会| (C)2011 NHK