• NEWS

巨大イノシシが人間を喰う!? 超凶悪なイノシシの暴れっぷりに戦慄

2011年10月15日 19:30

某サメや某ピラニアより身近な存在であるイノシシだけに恐怖感があおられる | [c] 2009 BIG HOUSE / VANTAGE HOLDINGS and LOTTEENTERTAINMENT.All Rights Reserved.

超巨大な人喰いイノシシが人々を襲う、韓国発のモンスターパニック映画『人喰猪、公民館襲撃す!』が10月22日(土)より公開される。韓国映画界といえば『グエムル 漢江の怪物』(06)や『D-WARS ディー・ウォーズ』(07)など、異形のモンスターを扱った作品でヒットを飛ばしているだけに、今回の作品にもおのずと期待が高まってしまう。

作品の舞台は、平穏でのどかな山奥の村。ある日、森の中でズタズタに引き裂かれた変死体が発見される。警察は何者かによる猟奇殺人と断定するが、被害者の祖父である男は、孫を殺したのが実は巨大な人喰いイノシシなのではないかとの疑いを抱いていた。案の定、数日後に旅行客が巨大イノシシの襲撃を受け、村人たちと人喰いイノシシとの壮絶なバトルが始まるのだった。

現在の韓国映画界では、いつ自分の身に起きてもおかしくないような題材をとことんリアルに描いた作品がトレンドなのだそうだが、本作もまたモンスター映画でありながら、イノシシという妙に身近な動物を扱っている点で、この流れ上にあると言えよう。実際、かなり稀ではあるが、DNAの突然変異によって本作に描かれるような食人種が生まれてしまう可能性もあるそうなので、全く可能性ゼロの話ではないのだ。

とは言え、巨大イノシシの超凶悪な造形や、バイオレンス描写に負けないほどてんこ盛りなギャグなど、いかにもB級映画的な魅力も満載だ。韓国版『ジョーズ』(75)というのは言い過ぎかもしれないが、パニック映画ファンにはおすすめしたい一作だ。【トライワークス】

関連映画ニュース