• TOP
  • 映画ニュース
  • スティーブン・ソダーバーグ監督が監督業引退を認める! 復帰の可能性は?
  • GOSSIP

スティーブン・ソダーバーグ監督が監督業引退を認める! 復帰の可能性は?

2011年8月31日 12:01

スティーブン・ソダーバーグ監督が引退の意思を表明した
スティーブン・ソダーバーグ監督が引退の意思を表明した[c]GLOBE PHOTOS/AFLO

アカデミー賞監督賞を受賞した『トラフィック』(00)や、『オーシャンズ』シリーズなどを手がけてきたスティーブン・ソダーバーグ監督が、監督業を引退するつもりでいることを、マット・デイモンがロサンゼルス・タイムズ紙のインタビューで語っていたが、このほど、ソダーバーグ監督自らが引退の意思を表明した。

その時のインタビューでマット・デイモンは、「彼はマイケル・ダグラス出演の『Liberace』(全米2012年公開予定)と、ジョージ・クルーニー主演の『Man From U.N.C.L.E.』(全米2012年公開予定)を最後に引退するつもりだよ」と語っていたが、今年5月には、チャニング・テイタム主演の男ストリッパーを描いた『Magic Mike』(全米2012年公開予定)とスリラー『Haywire』(全米2012年1月20日公開予定)のメガホンを取ることがわかり、引退説は撤回されたかのように思われていた。

しかし、ハリウッド・レポーター紙が今回、ソダーバーグ監督がミニマル・抽象表現主義作家アグネス・マーティンの絵画などが飾られたマンハッタンのアトリエで行われたニューヨーク・タイムズ紙のインタビューで語った話として、「他のアートを追求してみたいんだ。時間もあるし、能力もあると信じているから、監督を辞めて、画家になりたいと思っている。でも、自分自身の才能については最大の批評家でありたいから、駄目なら最初に見切りをつけるつもりだ。もし、お金に困ったら監督業に戻って『オーシャンズ』シリーズを製作するよ」と、事実上引退宣言をしながらも、復活する可能性も示唆している。

ちなみにDeadline.comによれば、『Man From U.N.C.L.E.』からクルーニーが降板したため、スケジュールは白紙だとか。こちらのプロジェクトは遅延を余儀なくされることもあり、ソダーバーグ監督の引退の時期は明らかにされていない。【NY在住/JUNKO】

関連映画ニュース