• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 「自分にできるのだろうかと迷った」櫻井翔、苦悩の1年振り返り、目頭熱くなる
  • NEWS

「自分にできるのだろうかと迷った」櫻井翔、苦悩の1年振り返り、目頭熱くなる

2011年8月27日 13:50

『神様のカルテ』初日舞台挨拶に櫻井翔らと登壇した、宮崎あおい

累計150万部突破した夏川草介の同名小説を映画化した『神様のカルテ』の初日舞台挨拶が8月27日、TOHOシネマズ日劇で行われ、出演者の櫻井翔、宮崎あおい、岡田義徳、原田泰造、加賀まりこ、深川栄洋監督が登壇した。

本作で初共演を果たし、夫婦役を演じきった櫻井と宮崎。初日までに100媒体以上の取材を受けたという櫻井は、オファーからの約1年を振り返り、「こんなことは自分にできるのだろうかと迷った。でも、こうして素敵な作品に出会えて、乗り越えることができたかどうかはわからないですけど、作品としっかり向き合うことができて、こうして一緒に作品を作る素晴らしい皆さんに出会えて、幸せです」と感無量。櫻井演じる栗原一止を支える妻・榛名を演じた宮崎は、「(初日を迎えられたことは)すごく嬉しいんですけど、みんなで一生懸命、頑張って作った作品が自分たちの手から離れていくのはすごく寂しいです」と語った。撮影時は同じアパート・御嶽荘に暮らす仲間として、休憩中も共に過ごすことの多かった櫻井、宮崎、原田、岡田。4人での撮影を振り返り、原田は「すごく心地が良かった。あの場所は特別な場所で、ずっといたかった」と思い出話に浸り、名残り惜しそうな表情を見せた。

本作の軸となる、末期がん患者・安曇雪乃役の加賀は、「普段は自分が出演している作品を見る時は、あら探しではないが、『こうすれば良かった』などと後悔の念が強く、冷静に作品を見ることができないんです。でも、今回は自分が出ているにも関わらず、すっかり入り込んでいました。身寄りのない一人の老女が余命半年と宣告され、大きな病院に行ったら見捨てられちゃって、本当にこんな現実があるのかと思いましたけど、結婚していなくて子供もいない友達が、病院から見放されて、『どこに行ったら良いの』という状態。これは日本医療の大変な問題だと思った」と感慨深い様子で話し、「お年寄りに優しくしてあげてください」と最後は笑顔で呼びかけた。

花びら型のうちわを持った922人の満員のお客さんと共に、物語を象徴するシーンを再現すべく、本作の門出を満開の桜でお祝い。主演を務めた櫻井は最後に、「この作品そのものがそうであるように、僕もたくさんの人に支えられてここまで走ってくることができました」と感謝を述べ、「現場で一番最初に声をかけられた若い音声のスタッフさんに、『櫻井さん、毎日忙しいでしょうけど、頑張りましょうね。良い作品を作りましょうね。自分も頑張ります』と言ってもらった。全ての関わった方の思いが詰まった作品になっています。主人公の一止がそうであるように、悩みながら、苦しみながら、一歩、一歩歩いていく人も少なくないと思います。そんな時、人は人によって救われるという思いが詰まった作品となっています。是非、大切な人と見てほしい」と目頭を熱くし、思いを語った。【Movie Walker】

※宮崎あおいの「崎」の「大」の部分は、正しくは「立」です。

関連映画

関連映画ニュース

[c]映画「神様のカルテ」製作委員会 [c]2009 夏川草介/小学館| [C]Yuji Hori| [c] 2010『洋菓子店コアンドル』製作委員会