• NEWS

お色気もたっぷり!セクシーな温泉コンパニオンが超人に変身して悪を討つ

2011年9月19日 18:00

人気グラドルたちが温泉コンパニオンに変身 | [c]平本アキラ/講談社・「やりすぎコンパニオンとアタシ物語」製作委員会

悪を退治し、世界の平和を守る変身ヒーロー&ヒロイン。最近は世界といわずとも、それぞれの地方を守るご当地ヒーローなども登場し、ヒーロー業界は飽和状態!? そんなヒーロー業界にこの秋、異色のヒロインが参戦する。

9月24日(土)公開の『やりすぎコンパニオンとアタシ物語』のヒロイン“やりす”は、温泉街にはびこる悪を討つ変身ヒーローだ。彼女はある日、友人に勧められた温泉水を飲んだことがきっかけで、DNAの変異である変身ゲノムによって超人に変身してしまう体質に、なんて書くと、ちょっとした特撮変身ヒーローものに聞こえるかもしれないが、本作は「アゴなしゲンとオレ物語」で知られる平本アキラの同名コミックを実写映画化した、お色気満載のアクションコメディだ。2007年から2008年にかけて週刊ヤングマガジンに連載され人気を博した作品で、温泉街で働く新人コンパニオンの体を張った“やりすぎ”な活躍を描いている。

特殊能力を持つ超人に変身してしまう元気ハツラツで天然な主人公・やりすを演じるのは守永真彩。そんな彼女に温泉水を飲ませてしまったことから行動を共にする巨乳でしっかり者のしづかに丸高愛実が扮し、人気グラビアアイドルのふたりがはちきれんばかりの魅力を披露する。そんなピチピチした若さが魅力のふたりに加え、先輩コンパニオンに伊藤えみ、謎のコンパニオンにバラエティで活躍中の谷桃子という大人の色気漂うふたりが加わり、新旧(?)グラビアアイドル対決も堪能できるところもファンには嬉しい限りだ。

原作のコミックは、破廉恥な問題に体当たりでぶつかっていくという、まさにお色気満載なストーリーだったが、映画化に際し、アクション多めの作風になった“やりコン”。変身ヒロインが好きな人も、お色気部分に興味津々な人も、存分に楽しめる作品に仕上がっている。【トライワークス】

関連映画ニュース

[c]平本アキラ/講談社・「やりすぎコンパニオンとアタシ物語」製作委員会| [C]2011「寄性獣医・鈴音」製作委員会| [c]2010 THE WEINSTEIN COMPANY LLC ALL RIGHTS RESERVED.| [c]2011 GPミュージアムソフト/新東宝映画| [c]スターボード| [c]2011 克・亜樹/白泉社・「映画版 ふたりエッチ」製作委員会| [C]2011山田風太郎/映画「くノ一忍法帖」製作委員会| [C]2011 トランスフォーマー/オフィス桐生| [c]2010「ミルク」製作委員会