• NEWS

ウザいセリフ万歳!? 出川哲朗が『ピラニア3D』の声優に選ばれた理由とは

2011年8月19日 13:00

凶暴なピラニアが大暴れするスプラッターホラーが3Dとなって日本上陸 | [c]2010 THE WEINSTEIN COMPANY LLC ALL RIGHTS RESERVED.

“ピラニア=人食い魚”というイメージを世間に定着させた、動物パニック映画の傑作『ピラニア』(78)。そんな本作がこの夏、3D技術をふんだんに導入したリメイク作『ピラニア3D』(8月27日公開)となってスクリーンに復活! しかも日本語吹替版キャストを、リアクション芸人として不動の地位を築く出川哲朗が担当し、話題を集めている。

大地震の影響で、地底湖に閉じ込められていた太古のピラニアが復活した。そうとは知らず、美しい湖畔でちょっとエッチなイベントを開催していた大学生たちは、瞬く間に殺人魚の大群に襲われてしまう。そんないかにもな展開がファンにはたまらない本作だが、出川は以外にも(!?)、“ピラニアの猛威を必至に食い止めようとする保安官”という、まともなキャラクターの吹替に挑戦しているのだ。

このことについて出川は、「日本の芸能界で、僕ほどピラニアと戦ってきた男はいないからね。ピラニアの怖さを実際に知っているからこそ出せる声や芝居で、緊張感を表現したいです」と、アフレコには芸人ならではの経験が活かせたことを告白。また公式サイトでは、そんな出川のちょっと鬱陶しいボイスがたっぷり堪能(!?)できるギミックも施されているので、興味のある人は、そちらもチェックしてみてはいかがだろう。

ちなみに、本作の見どころを聞いてみると、「ピラニアが飛び出してくるような感覚がめちゃくちゃ怖い! 3D技術って、この映画のためにあるんじゃないかって思えるくらいすごいです。あと、途中でエッチなシーンがいっぱい出てくるので、個人的にはそちらもオススメですね(笑)」と語ってくれた。恐怖あり、エッチあり、強烈すぎるスプラッター描写ありと、その手の作品好きにはたまらない内容に仕上がっている『ピラニア3D』。吹替版鑑賞時は、出川の名演技にも注目することで、よりいっそう物語が楽しめるかも!? 【六壁露伴/Movie Walker】

関連映画

関連映画ニュース