• NEWS

美少女アイドル3人がホラーコミック界の巨匠監督作品でヒロインを熱演

2011年8月22日 19:00

原作者・古賀新一も絶賛した、前田希美演じる新生・黒井ミサ | [c]2011 ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント

日本ホラーコミック界を牽引してきた古賀新一、伊藤潤二、御茶漬海苔。熱狂的なファンを持つ各巨匠が、自身の代表作を映像化した作品を集めたオムニバス企画「古潤茶」が8月27日(土)より劇場公開される。各漫画家の代表作の新エピソードを原作者自らが脚本を執筆、映画化するという一大プロジェクトに華を添えるのが、前田希美、木口亜矢、逢沢りなの美少女アイドル3人。原作の世界観を完全再現した陰惨なストーリーの中で、彼女たちが圧倒的な輝きを放っているのだ。

舞台やテレビドラマで活躍中の若手女優・前田希美は、古賀新一監督の『エコエコアザラク 黒井ミサ ファースト・エピソード』で吉野公佳、佐伯日菜子、加藤夏希らがかつて演じてきた日本ホラー界のスーパーヒロイン、黒井ミサを熱演する。その透明感あふれる雰囲気で、今までにないミサ像を作り上げている。伊藤潤二監督作の『富夫』で、主人公・富夫の生首をコレクションする美女を演じているのは怪作『ロボゲイシャ』(09)に主演した木口亜矢。妖艶かつミステリアスなムードで、狂気を秘めた女性を好演している。また、「炎神戦隊ゴーオンジャー」の楼山早輝・ゴーオンイエロー役で知られる逢沢りなは、御茶漬海苔監督作『惨劇館 ブラインド』で、新境地を切り拓く渾身の演技を披露している。

ホラーコミック好きやホラー映画好きをうならせるラインナップであることはもちろん、グラビアやテレビの画面などで健康的な笑顔を浮かべているアイドルたちが、普段とは違った別の顔を見せているのも重要なポイントだ。そのギャップに胸をときめかせるのも本作の楽しみ方の一つと言えるだろう。【トライワークス】

■『古潤茶』(発売中)

古潤茶『エコエコアザラク ―黒井ミサ ファースト・エピソード―』
価格:\3,990

古潤茶『富夫』
価格:\3,990

古潤茶『惨劇館 ―ブラインド―』
価格:\3,990

発売・販売元:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント

関連映画ニュース

[c]2011 ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント| [c]「名前のない女たち」製作委員会| [c]ロボゲイシャ製作委員会2009